FXトレードPC環境が動かない!buchujpのトレードルームPCを新しくセミオーダーの様子の巻(iPhone動画)

buchujpのトレードルームにある4面マルチモニターを動かしているトレード用PCが、とうとう不調になり、いつかこんな日が来るとは思っていましたが、この際、新しくトレード用PC再構築ということになりました。

いつものPCがダメため、iPhoneとデジカメで、アナログ的な撮影動画ですが、オーダーの様子を動画アップでございます。


動画でご覧頂いた、マウスコンピュータのDAIVというPCシリーズをベースに4面マルチモニタ出力のトレード用PCをカスタマイズしました。


DAIVシリーズのQuadro P600モデルと書いてありますが、これをベースにスペックを適宜選択、

そしてやはりグラフィック性能は重視、Quadro P2000へグレードアップ、これでPC本体トータルが約30万円ほどの設備投資となりました。



2010年の極貧時代から、「恋スキャFX」の登場で生活が変化しまして引越し、この時にかなり無理をして購入したのが、2012年に購入したトレード用PCでございました。

その時はモニターを買うお金が足りず、27インチモニターが2つ⇒この時の写真


しかし、この時buchujpの様々なタイミングが重なり、
恋スキャFXのカウンターロジックにプラスして、MAX岩本さんの順張りロジックを導入、そして現在のトレード前のテクニカル分析基礎となった、「FXライントレード・マスタースクール」という具合に、その時代に自分に必要だったスキル学習要素も現れ、

通貨ペアも、ドル円ばかりだったのが、複数の通貨ペアを並べて「勝ちやすいチャート形状の通貨ペアを選ぶ」という考えにシフトしていくわけですが、この過程で、マルチモニタ対応のPC環境構築が必要になって行ったといういきさつでございました。

右の写真は、また引っ越しして、モニターが3面になった頃⇒


この頃、ほぼすべての仕事を捨てて、FX専業トレーダーとして、翌年2013年3月に株式会社設立、buchujpたった一人の会社となりました(汗)

FXの研究で、自分のトレード手法の検証と改善の毎日で、何度か倒れ病院に運ばれることもございましたが、翌年2014年には、更に引越しをしまして、生活とトレード環境を完全に分ける、トレード専用ルームへと。

この時、4面マルチモニタとなりまして、2010年ころから始めたFXのトレードスタイルがやっと、自分流スタイルに固まってきた頃でございます。

そして、

2015年には、家族全員大がかりな引越し。現在のbuchujpのトレード環境になるわけですが、考えてみますと2012年から2015年までに4か所で、このPCは頑張ってついてきてくれました。

自分の歴史と共に、一緒に頑張ってくれたPCでございました。


さて、マウスコンピュータに問い合わせたところ、このPCの後継機として構築するならということで、本日の4面マルチモニター用プロ仕様PC再構築となったわけでございますが、

長く使うための、仕事の道具でございますので、少しお金をかけて大切に今後も使ってまいりたいと存じます。

まだ届いていませんが、恐らくあと数日で届くのではと存じます。


せっかくの4面マルチでもございますから、今年は「通貨ペアの強弱を徹底的に検討する」ことを課題として、フルにこの設備を使いたいと思います。


また、新しいPCが届きましたら、その設置の様子を動画アップさせて頂きたいと存じますので、何かのご参考材料としてご覧頂ければ幸いです。

では、今後も宜しくお願い致します。




PS.現在の通貨ペア強弱を勉強しながらロジックを学ぶFX教材として、下記FX教材をご案内させて頂きます。


2018年2月23日(金)より一般再募集開始決定!
トレンド・ディスカバリーFX関野式buchujp特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【トレンド・ディスカバリーFX特別特典】
①『FXで利益を上げ続けるためのもっとも効率のいい「勝率」を導き出すテクニック』
②『利益のチャンスを爆発的に上げるプラスアルファで見るべき「ある通貨」を完全解説』
③『年間で1000万円以上の利益積み増しを目指すための具体的な決済タイミングの見極め方とは』
④『利益のためにココだけは押さえておきたい「稼ぎの目線」から見た意識するべき経済指標とは!?』



※1秒スキャルFXを買いそびれた、間に合わなかった、というトレーダー様で、どうしても購入をご希望の方は、buchujpへ直接ご連絡くださいませ。 方法についてご案内します。