2018年相場でFXツール選びシリーズその①「ブラストFX」でツールまかせの検証トレードの巻

2018年相場でFXツール選び企画を思いつきまして、シリーズその①は「Black AI・ストラテジーFX」をツールまかせでトレードの巻でございます。

buchujpのトレードルームFX専用PC入れ替えで気付いたことから、FXツールを今年2018年の相場でどれを使いたいか、そんな目線でいくつかのFXツールを選んでみた次第です。まずは第一弾動画をどうぞ。


購入できます↓期間限定特別特典キャンペーンスタート
Black AI Strategy FX(ブラストFX)特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【PDF1】初月から月10万円を達成する魔法のライン(引き方PDF)
【PDF2】勝率9割!誰よりも早く大トレンド発生に気付くプロの常識
【PDF3】プロトレーダーが実践しているトレンドから利益をごっそり抜く方法(PDF)
【動画】全通貨ペア共通!含み損0で利益を抜き取るためのコツ




Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)まかせでトレードと言いましても、例えばどんなに優れたツールでも、やはり通貨ペアの選択は重要と考えており、同時に勝率や利益につながると存じます。

その中で、本日はCADJPY(カナダ円)を選択、方向感がわかりやすく、また価格の節目が「レイヤー」形状としてもわかりやすかったというのが選択理由でございました。
人工知能搭載と「ブラストFX」セールスサイトでは謳われておりますが、この「AI」の定義につきましては、buchujp個人としては実は物申したいところも少なからずございます。

が、ブラストFX実践検証動画でご覧の通り、AIアナライズと呼ばれるインジケータと矢印サイン、そしてトレードロジックとのパッケージといいますか、相性が良いという印象は確かにございまして、

個人的印象としては、言い方は悪いかもしれませんが、「古くて新しいトレード手法」とも表現したくなるところ。


正直、これが「AI」か?と考えてみますと、うぅ~ん・・・となりますが、ボラティリティのある程度ある「レンジ形状」やトレンドが発生した形状ともに、FX初心者でもエントリーチャンスと利益確定場所が明確で取り扱いやすい工夫がされているFXツールだという感想はございます。

セールスページは少々大げさと感じますが、人気が継続しているFXツールでもあり、実践されているトレーダー様も多く、2018年度のFXツール選びに加えさせていただいた次第でございました。

buchujp自身の使用頻度のランクとしては低いほうではございますが、トレーダー様のスタイルによってそれは変わるものでございますから、検討されていた方への材料の一つとして参考にしていただければと存じます。


それでは、3月も折り返しでございますが、残り半分、ご一緒に慎重に相場を攻略してまいりましょう。


PS.花粉症もトレードに影響しそうですね(汗)


本日から特別特典キャンペーンが始まったそうです。
購入できます↓期間限定特別特典キャンペーンスタート
Black AI Strategy FX(ブラストFX)特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【PDF1】初月から月10万円を達成する魔法のライン(引き方PDF)
【PDF2】勝率9割!誰よりも早く大トレンド発生に気付くプロの常識
【PDF3】プロトレーダーが実践しているトレンドから利益をごっそり抜く方法(PDF)
【動画】全通貨ペア共通!含み損0で利益を抜き取るためのコツ