どん底トレーダーから常勝トレーダーへ関野式「トレンドディスカバリーFX」他のFX教材と違うbuchujpが好きな理由

関野式「トレンドディスカバリーFX」のbuchujp的評価を本日は改めて取り上げて、実践動画とFX教材としてのどこに価値を感じるのか、またどんなトレーダー様に推奨できるのかなどを動画レビューしてみたいと存じます。


トレンド・ディスカバリーFX関野式buchujp特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【トレンド・ディスカバリーFX特別特典】
①『FXで利益を上げ続けるためのもっとも効率のいい「勝率」を導き出すテクニック』

②『利益のチャンスを爆発的に上げるプラスアルファで見るべき「ある通貨」を完全解説』

③『年間で1000万円以上の利益積み増しを目指すための具体的な決済タイミングの見極め方とは』

④『利益のためにココだけは押さえておきたい「稼ぎの目線」から見た意識するべき経済指標とは!?』




本日の相場に翻弄されたトレーダー様も多かったのではと想像する次第ですが、ドル円は一時111円台をつけながらも反落、109円台まで勢いをつけて落ちましたが、クロス円全般で確認しているため、米ドルが弱いというよりは、円が一方的に強すぎるという感じでしょうか。

buchujpもいつも通り「MAXジャッジメント」を見ながら通貨ペア強弱を確認しておりましたが、ユーロドルとドル円の相関関係も崩れており、不安定な通貨のチャンス場所を探すよりも、もう一度基本に戻って「勝ちやすい通貨ペア選択から検討」をしてみようと、

関野式「トレンドディスカバリーFX」を振り返っていたところでございました。

通貨ペア強弱の判定をするためのMAXジャッジメントは活用しておりますが、MAX岩本先生の「1秒スキャルFX」は通貨ペア強弱を勉強するのが主たる目的ではないため、

より今の相場で、buchujpカスタムチャートもそのまま活用できて、「押し目戻り」のロジックがしっくりくる、「トレンドディスカバリーFX」が今日は取り組みやすいのではと思ったからでございました。
動画の中でも申し上げた通り、やはりFX教材は「有名プロトレーダー」が教材を発表してそれを我々個人トレーダーが勉強するという構図になりますが、関野さんの場合は、決定的に違う点がございます。

これは、FX-jin先生にも申し上げましたが、関野さんの場合は、初期の我々と同じFXを勉強をしながら失敗など苦労を重ねて徐々にスキルアップしていった現在までの過程を多くの方が知っているという点です。

失敗を重ねて現在の手法、FX教材に完成されていった、というところが透けて見えるところに非常に共感できますし、FX初心者が取り組むことを考えた教材として作りこまれているところも、現実的なFX教材として評価ができるのではと考えます。

本日の相場のように、特に相場に違和感といいますか、少し変な相場だなと感じた時には、「いつもトレードする通貨ペア」だけを重点的に見てトレードチャンスを待ち続けてみたり、無理をしてテクニカル分析を展開してエントリーチャンスをこじつけてみたりと、リスクにつっこんでいくよりも、

関野式「トレンドディスカバリーFX」のように、素直に勝ちやすい、通貨ペアを選んでロジックに当てはめる検討をしてみる、というような柔軟さを実はbuchujpも忘れがちであったなぁと自戒を込めまして本日取り上げてみた次第でございました。

もっと評価されるべきFX教材ともbuchujpは感じており、教材選びのご参考になれば幸いでございます。


では、この後もご一緒に慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。






トレンド・ディスカバリーFX関野式buchujp特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【トレンド・ディスカバリーFX特別特典】
①『FXで利益を上げ続けるためのもっとも効率のいい「勝率」を導き出すテクニック』

②『利益のチャンスを爆発的に上げるプラスアルファで見るべき「ある通貨」を完全解説』

③『年間で1000万円以上の利益積み増しを目指すための具体的な決済タイミングの見極め方とは』

④『利益のためにココだけは押さえておきたい「稼ぎの目線」から見た意識するべき経済指標とは!?』