「FX Realize」ロジックの強み弱みを暴露する2日間追跡buchujp実践レビュー動画の巻

FXリアライズのロジックが詳細に会員サイトに公開されているため、このツールを購入意向はどのように活かして利益を追求するか、そんな視点でbuchujpの実践検証トレード2日間の追跡レビュー動画でございます。

まずは、FX Realize検証レビュー前編からどうぞ。


購入できます↓一般募集スタート
FX Realize(FX リアライズ)特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントなど
※PLATINUM TURBO FX特典にしていた「石塚氏VSbuchujp」対談動画も古いですけどプレゼントにしました。


さて、前回のFX Realizeレビューのおさらいも兼ねて、前編からでございましたが、次に本編でもある後編でございます。

コチラの動画は、ブログ専用の動画として掲載しておりますので、ユーチューブチャンネルのほうでは見られません。少し長い動画になりましたが、FXリアライズの検討をされている方や購入された方の事例としてもお役立ていただければ幸いです。

FX Realizeのロジックは、ざっくり言いますと、トレンド方向判定にSMAとボリンジャーバンド、そして高値と安値の切り上り切り下がりを判断するのに、インジケータのzigzagを用いています。

トレンドの方向に逆らわないようにしながらも、いったんの戻りや押し目を判定するのに、ボリンジャーバンドの1シグマ、バンドのセンターラインを用いて、決済もボリンジャーバンドの位置関係で利食いをするイメージでございます。

よって、

例えば、トレンドの頭からしっぽまでをごっそりと・・・というフレーズのロジックとは違い、トレンドの途中を抜き出す考え方で、これは恋スキャFXを実践し続けてきた、buchujp自身も自分のスタイルに非常になじむ方法論でございました。

ただし、ロジックをツールに落とし込んで、淡々と売買サインに従うだけにするよりも、よりロジックの再現性や確率の高いチャート形状を示現している通貨ペアをその時々で選んでFX Realizeを有効活用するというのが、このツールを道具として使い続ける本来の発想ではと思う次第です。

トレンドフォロースタイルのロジックであることがわかっている以上は、レンジ相場ではパフォーマンスが出しにくいことは重々承知でございますため、その判定をチャート全体から相場環境認識ができれば、推奨されている5通貨ペアの中から、どれがチャンスと確率に優位性があるのか、

あるいは、今はトレードするべきではないタイミングなのか、というトレーダー本来の必要な判断をチャートを見ながら検討が出来るようになるのではと、FX Realizeチャートと、buchujpカスタムチャートを見比べながらこの2日間を追いかけてみた次第です。
また、buchujpカスタムチャートにFX Realizeのサインを重ねてみて、トレンドの戻りや押し目をポイントとするアプローチはとても、親和性があり、考えてみますと、ポンド円の3分割目のエントリーチャンスはbuchujpカスタムチャートでの恋スキャFX執行のポイントと実は同じ場所です。

このことからも、

今後いろいろな活用方法が考えられるということと、ここからアレンジロジックも考えられるのではとも思った次第です。

FX初心者の段階では、まずはFX Realizeをメタトレーダーチャートに入れたら、推奨されている5通貨ペアを見比べてみて、きれいにトレンド形状が見て取れるチャートを選択して、売買サインを採用するかの検討を行うという作業でスタートするというイメージでもよろしいのではと思った次第です。

長い動画になり、その最中にもいろんなことがありましたが、FX Realizeの強みと弱みや、活用のヒントなども見えてきた2日間になったのではと感じた次第です。


では、週明けからも慎重に相場を監視してまいりましょう。





購入できます↓一般募集スタート
FX Realize(FX リアライズ)特典付きリンク
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントなど
※PLATINUM TURBO FX特典にしていた「石塚氏VSbuchujp」対談動画も古いですけどプレゼントにしました。