ユーロドル大きく上下に動くスイングはゴルスパFXに適したトレード可能か動画の件

ゴルスパFXチャートを使ったトレンドライン(金のクモの糸)とチャートフォーメーションを意識したトレード動画をアップ。

途中ゴルスパFXチャート上で何度かトレード方針をチェックして、その後OCO注文を入れ放置、無事自動決済された場面でございます。


※ゴルスパFX特典付きリンク⇒ザ・ゴールデンスパイダーFXお申込みはコチラ
※当サイト特典動画保護パスをプレゼント致します(恋スキャFX:ゴルスパFX:マナブ式FX:激スキャFXいずれかの中から)

 

ユーロドルも激しい動きとなっていますね。

ここ数日のユーロドル日足チャートを見ても陽線と陰線が交互に示現するような相場となっていまして、日替わりで方向戦略が変わるという、裁量トレーダーとしてはオモシロいと言いますか、値幅も獲れる割とテクニカルに素直なスイングがチャートに表れていると感じます。

ボラティリティも結構広がっていますので、往って来い相場は怖いですが、buchujp流ゴルスパカスタムチャートをご覧いただきますと、1時間以上の足チャートに重ねています平均足がきれいなスイングをしています。

なので、ゴルスパFXが本来得意とする、トレンドラインブレイクアウトのトレンドフォロー(順張り)で利を伸ばすというタイプのトレード手法がしっくりくる、相場になっているような感じもします。

マエストロFXなどでチャートフォーメーションを頭に叩き込まれている裁量トレーダーですと、ゴルスパFXの特徴であるトレンドライン自動描画とローソク足形状、チャートフォーメーション形状などを俯瞰的に見て、優位性の高い方向にだけエントリーをしていくイメージで、そこそこ利益を食っていけるような感じにも見えます。

 

問題は、損切りをいかに浅くするかということなのですが、ボラティリティが高いぶん、例えばOCO注文などで、あまりにも浅い損切ラインを設定ますと「刈られてしまう」ということが必発する可能性もありますので、

例えばボリンジャーバンドの太さやスクイズ形状など、更にプライスのレンジ幅を意識しながら適宜損切の深さを調節する必用もあると思います。

 

buchujp的には、個人的な意見ですが、ブレイクアウトはダマシに合う可能性も高いと感じていまして、だからこそbuchujpはトレンドラインをブレイクする場合、チャートの別の根拠と合致する場合以外は、ブレイク後しばらく様子を見て遅れてエントリー、ついていくという、

ブレイク直後の利益は捨てる感じで、「トレンドの途中を抜いて逃げる」というやり方が、私個人としては性に合っていますし、その方がbuchujpの場合はうまくいくようです。

2013.05.30gorusupa

チャンス場面が多いぶん、ダマシには注意しながら少し最初の利益は「くれてやれ」なんて感じで、またはゴルスパチャート上記のキャプチャーのように、一度ラインをブレイクして落ちてきたところでサポートされたのを確認出来たところから、ロングでエントリーする感じですと更に安全性の高い勝率が見込める押し目買いのトレンドフォロートレードが出来るのではと感じています。

あと、ゴルスパFXチャートはやはり少し重い場合がありますので、可能であれば別のパソコンで別のメタトレーダーで念のため監視用があるとなお安心という感じです。

 

さて、

ゴルスパFX実践トレード動画の中でチョロッと出てきました、「激スキャFX」スキャルピングトレード指南システムは、今月末日までで、発売記念価格を終了し、6月1日より5千円値上げとなるそうですので、特にユーロが好きな方には激スキャFXとの相性も宜しいのではと感じている次第です。

ただし、バリバリのスキャルピングですので、細かく薄利で獲っていくトレード手法のイメージになりますので、一日の数時間だけを短期集中でスキャルピングしたい方、そんな方にはどんどんチェックして頂きたいのですが、

スイングトレードタイプのトレーダー様には、性格的にこの忙しさ(笑)やリズムが好きか嫌いかという部分はあるかもしれません。

あと、ある程度売買矢印サインを選別してトレードすることで、激スキャFXをもっと自分になじむ道具として使い込んでいけると思うのですが、その辺の裁量手心は練習も多少必要かと思います。

「激スキャFX」お申込みはコチラから
※激スキャFX保護記事パスワード進呈中プラス(恋スキャFX・ゴルスパFX・マナブ式FXいずれか一つ)

と言っても、ユーロドル自体トレンドが出やすく、トレンド時を狙って激スキャFXを稼働させている分にはそこそこの実績は見込めるのではと感じている次第です。

 

では、buchujp明日は東京をパソコン片手にウロウロしていると思いますので、今月もあと少し、気を抜かずにご一緒に頑張りましょう♪

ではでは。