みんなのFXポジション比率チラ見で裁量ライントレード週明けのドル円行方は

FXのトレード手法にそれぞれのトレーダー様で勝ちパターンがあるかと思いますが、buchujpの場合は恋スキャFXとそこから派生した知識の「ライントレード」を多用しております。

ドル円が乱高下して危険という方もいますが、buchujpとしましては、ライントレードのテクニカルに素直に値動きしている印象が強く、恋スキャFXとライントレード併用はこの乱高下するドル円相場にも非常に有効と感じているところです。

今朝は東京市場オープニング直後から早速ドル円チャートにラインを引いて、1本目のトレードを実践しました。
こちら↓


恋スキャFXビクトリーDX完全版購入ページ
※当サイト特典動画保護パスをプレゼント致します(恋スキャFX:ゴルスパFX:マナブ式FX:激スキャFXいずれかの中から)

 

<<緊急のお知らせ>>トレハンFXが再販売決定!!~6月24日まで。
>>トレンドハンターFX「トレハンFX」のお申込みはこちらからどうぞ<<
※当サイト特典動画保護パスプレゼント致します(恋スキャFX:ゴルスパFX:マナブ式FX:いずれかの中から1つ)

※動画の中でもご紹介していますが、恋スキャFXのカウンターロジックと併用してスイング手法でヘッジするという形をとるというのも、今年のアベノミクス相場では優位性があるのではと思う次第です。

 

さて、

minnaFXトレードをされている方、「ほかのトレーダーはどのようなポジションを持っているのだろう?」と気になることがありますよね。buchujpもチキントレーダーですので、「俺の判断はどーよ?」とたまに思うことがあります。

本当はあまり人の意見は聞かない方ですが(特に評論家と言われる方)、実際にFX業者のポジション比率はどうなっているのか、これはチト気になることがあります。

 

動画で出てきた「みんなのFX」は以前天羽さんのチャンピオンシグナルを研究していた頃に口座開設して現在はサブ口座として使っていますが、みんなのFXでは口座全体のポジション比率がリアルタイムで見ることが出来ます。
参考:⇒FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」


ちなみに、ポジション比率が多い方が今後の売買圧力に関係するかと言えば、決してそんなこともありませんので、注意して下され。

なにせ、FXは8割が負けると言われていますので、みんなと同じようにすれば勝てるかと言えば、負けてる8割がみんなという定義にすると、同じことすると負けることになりますので(爆)

あくまでも、傾向を見るだけです。 ただ、「みんなのFX」では、ランキング上位のトレーダーのポジションを見ることが出来るという、隠れたアツいサービスもあり、他のFX業者とはまた違った使える業者です。
参考:⇒FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」

 

話を戻しまして、

G8やFOMCが控えていることもあって、相場の値動きも慎重なようですが、短く利益を抜いていく恋スキャFX、ライントレードの併用は割とリスクが低いのではと感じています。
2013.6.17
さらに、要人発言などのファンダメンタル要因には今週は注意しないといけませんので、あまりチャレンジブルなトレードは控えて、同意方向の明確な時に少し抜き出すという繰り返しが、地味ではありますが安全かなと言う感じですね。

ドル円の方向については、まだはっきりとトレンドが出ていませんので、とりあえず恋スキャFX中心に利益を目指すが吉でしょう。

では、この後も、ご一緒にチキンで相場監視をしてまいりましょう。