マナブ式FXノウハウのTHVシステムと通常メタトレ分析比較など・・

マナブ式FX完全マスタープログラムで公開されているノウハウでTHVシステムV4という専用チャートを使用してトレードする実践検証中ですが、いろんなものと比較しながらTHVシステムを検証してみたいと。

ポジションを持ったまま週をまたぐという事態になってしまいましたが、さてどのようになりますか。

※この記事は8月11日に初回アップされたものです。

 

マナブ式FX完全マスタープログラムで使用するTHVシステムは実は非常に私好みのインジケータでございまして、ボケーっとしている私でも、音と色でトレード判断をすばやくできるなぁという印象です(笑)

では、とりあえず検証動画をどうぞ

ご覧頂いている、マナブ式FXの実践動画ではエントリータイミングが少しTHVシステムよりも早めに入れておりますが、これは「恋スキャFX」で見ているメタトレーダーのボリンジャーバンドとインジケータではイケルと判断したことと、

THVシステムのキモである、インジケータの色がチェンジした場所とタイミングから、先走ってエントリーしております。

 

マナブ式FX完全マスタープログラムを試しつつ、思ったことは、やはりある程度ボラティリティが高くて動きのあるユーロドルあたりが相性が良いのではと感じました。

マナブ式FX完全マスタープログラムで使用するTHVシステム自体は、そのほかの通貨ペアにも対応しているとのことですが、大きなボラティリティーの中でトレンドが上下に転換するポイントをつかんで、なるべくダマシを避けて利益を堅く獲っていくというイメージのトレードが、マナブ式FX完全マスタープログラムのスタイルかなという感じでしょうか。

マナブ式FX完全マスタープログラムご購入はコチラ

 

私自身の印象としては、恋スキャFXやゴルスパFXよりは、裁量の技術を要求されないのではという印象を持ちましたが、実際THVシステムを監視していますと、「色」で値動きや相場の変化を知らせる、各インジケータが条件合致ごとに音声で「話しかける」、アラートが鳴るなどの、

視覚的聴覚的に、THVシステムからのインフォメーションがあるので、FX初心者の方でスキャルピングもデイトレも、ある程度参考にできるものを見て、淡々とトレードしたい、という方にも宜しいのではと思った次第です。

THVシステムはローソク足が平均足になっていることも、初心者が迷いすぎるということを避けられるひとつの要因になるのではと思います。

 

平均足はご覧頂いたとおり、同じ色の足が連続して示現する傾向があるため、じっくりとチャートを見ていられるのではないでしょうか。

 

では、

このビデオでは、ポジションをホールドしたまま翌週の月曜日朝へと持ち越してしまいましたが、その後の状況を次の記事でお伝えしたいと思います。

マナブ式FX完全プログラムをひとつの武器としてご興味をもたれた方は、こちらよりどうぞ
マナブ式FX完全マスタープログラムご購入はコチラ

 

それでは今後もチキンハートの心を忘れず着実にトレードして参りましょう。

buchujpでした。