ゴルスパFX風でドル円通貨ペアで裁量トレード?buchujpカスタムチャート実践動画

記事のタイトルにはゴルスパFXを裁量トレードでなどと、大げさに書いていますが、何の事は無い、普通にトレンドラインを引いただけの一般的な基本裁量トレードです。

本来、ゴルスパFXを購入された方は自動でトレンドラインが引かれるチャートを見て、裁量技術を向上させるという側面があると思いますが、トレンドラインを引いてテクニカル分析をする習慣が十分についた方は、

おそらくゴルスパFXの対応していないドル円などでも、通常のメタトレーダーチャートで同様のテクニカル分析をトレンドラインを用いてトレードされている方も多いことと思います。むしろそれが本来の形ではないかなぁと思ったりもしますが

buchujpも実は、トレンドラインを引きまくってトレードすることほとんどございませんが、ドル円を見ていて本日の動画ようなチャート形状ですと、やはりトレンドラインを引いてテクニカル検討することもございます。


ゴールデンスパイダーFX公式サイトはコチラから
※どちらも当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用など)

そういえば、たまに「ゴルスパFX 」でドル円のトレードをしたいんですが…というメールをい頂きますけれど、ゴルスパFXとはもちろんユーロドル通貨ペアが相性が良いとは思うのですが、もともと自分の得意の通貨ペアがドル円だという方がいらっしゃれば、やはりゴルスパFXでドル円をやりたいという方もいて当然かと思います。

しかしながら、ゴルスパFXでユーロドル通貨ペアまたは、対象通貨ペアでのトレードを実践し、本来の目的であるイサム先生のトレンドラインを引いてトレードする手法を裁量判断を含めて勝てるようになってきた方は、

おそらく他の通貨ペアで通常のメタトレーダーチャートを使って手動でのトレンドライン引きでも同様のトレード手法の再現ができるのではないかと存じます。

buchujpはゴルスパFX式のトレードを多用はしませんが、 (自分のトレードスタイルがあるからです)

トレンドを引く理由は、自分の得意とする手持ちトレードロジックが当てはめられるチャート形状なのかと、根拠と現状証拠を固めるためにトレンドラインを引くという目的に使います。
2013.7.17gorusupa_usdjpy

結局は、どのようなロジックも裁量が入ることでその優位性や確率が挙げられると言うことだと思いますので、ゴルスパFXで得られたトレンドラインの感覚やトレンドフォローしていくトレード手法など、そこで得られた裁量技術は、その他の自分の手持ち得意ロジックに役立てるという捉え方で考えますと、ゴルスパFXの価値がまた別の見方で大きく見えてくると思います。

本日の記事は、

ゴルスパFXのご紹介目的ではなくて、トレードロジックも重要ですがそれよりも「裁量技術や知識」の方が実はもっと重要なファクターでは無いかと、 FXを本気で学習される方に個人的な意見を書かせて頂いた次第です。

さてさて、

buchujpは明日から韓国へ約1週間、仲間と塾生を連れて旅してまいりますので、もちろん皆ノートパソコン持参で参りますが、当サイトからお問い合わせをいただいた返信は時間がかかる場合がある事をご了承下さいませ。

ちなみに、この3年間ほどは、いただいたメールに対する返信はすべて72時間以内に返信しております。
万一、 72時間を過ぎてメールが来ないという場合には、迷惑メールフィルターに反応したか、正常に受信できてない可能性があります。特にYahoo!やgmailなどにその傾向が見られますので、ご注意いただきますようよろしくお願いします。

ではいよいよFOMCです。 buchujpはノートレードで様子見を決め込もうと思ってますが、皆様におかれましては十分にご注意くださいませ。

では今月も、ご一緒にチキントレードで参りましょ。

本気で裁量技術を身に着けたい方にbuchujpがおすすめします。
マエストロFX専業トレーダー育成プロジェクト公式サイト
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用など)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)