失敗、恋スキャFXビクトリーDX鉄板エントリーラインこうして見つけられるか!の件とFX-jin先生新刊の件

失敗したのですが、恋スキャFXビクトリーDXで失敗したわけではありませんよ、私のテクニカル分析が甘かったため、本来恋スキャFXロジック鉄板エントリー場所を見つけ損ねて、うかつにも相場が逆に動きやすいリスクのあるところで反対エントリーをしてしまった件を動画収録しアップしました。


恋スキャFXビクトリーDX完全版公式ページ(当サイト特典付きリンク)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




恋スキャFXビクトリーDX実践検証トレード動画を振り返ってみれば、明確に失敗したトレードポイントが見えてきますが、ご覧頂いた動画の中では損切りとなってしまった変なところでポジションを取ってしまったトレードに関しては、完全に見送るべき場面でした。

ここで形成されるスイングをもし1つ待つことができれば、前回の下げ止まりローソク足と姉どまった波形の山をつないで、かなり明確な節目となるラインが見えてくるはずだったことがものすごくよくわかると思います。
2013_10_24_koisca_fx

ちょうど見ていたチャートの豪ドル米ドル通貨ペアでは、しばらく上昇トレンドが見事に綺麗に継続示現しており、昨日の大幅な急落の後の形状であったため、パターンとしましては一旦レンジに移行するという疑いを本当はもつべきだったのですが、安易にロングポジションを変なところでエントリーししまいました。

完全に頭がいかれてました。


それまでの上昇トレンドから前回安値を切り下げた時点でトレンドは一旦終了し、しかも100 pips以上押し下げた直後でしたので、確率的にはショート方向の場面を探すべきところであったという場面です。

この変なエントリーを見送ることができていれば、小さなスイングの形状ができた時点でレンジのレジスタンスが疑いやすくなったというところでして、次の波形ができるボリンジャーバンド+2 σタッチのところで「恋スキャFXビクトリーDX 」の条件をキレイに満たす形状完成となっていた場面を見過ごさずに済んだであろう場面でした。


日付が変わり本日は東京市場オープンとともに昨日のレンジ相場形状の上限レジスタンスラインを上抜けてここからのロングトライというトレードになりました。

15分足チャートではラインの上抜け、 4時間足チャートではボリンジャーバンド-2 σ反発の「恋スキャFXビクトリーDX 」ロジック条件合致、多少リスクは残るもののロングエントリーで確率を追いかけられる形状場面となった感じでした。


結果的には+27 pipsの利益確定で約2時間ほどのトレードとなりましたが、このトレードでは自分の判断の間違いと甘さが浮き彫りになりまして、今日の動画は自分を戒めるためにも残しておきたい1本となりました。


恋スキャFXビクトリーDX完全版公式ページ(当サイト特典付きリンク)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




さて、話は変わりまして

yamaguti_honFX-jin先生の待望の新刊書籍が本日から発売になりまして全国の書籍とAmazonで購入することができるなりました。

わたしの早速朝から最寄りの書店へ行きまして、FX-jin先生の「僕らはもっと自由になれる」 3年で10億円稼いだ私の成功法則をダッシュで買い求めに行きましたが、県内最大規模の書店だったのですが入荷が少なすぎ、明日も朝早朝の7時に届く配本を予約してまいました。


Amazonからも購入できますので、ぜひご覧になってくださいませ。
「僕らはもっと自由になれる」3年で10億円稼いだ私の成功法則 (角川フォレスタ)


buchujp自身「恋スキャFXビクトリーDX 」が専業トレーダーに転身するきっかけとなったFX-jin先生の代表的トレードロジックがベースになっておりまして、 FX教材としても2013年度最新の教材と見比べましても突出した教材内容だと私自信を持っている所でございます。

恋スキャFXビクトリーDX完全版公式ページ(当サイト特典付きリンク)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




ぜひご縁がありましたら、今後もご一緒にトレードを勉強しながら利益を求めてまいりましょう。


ではでは。