「スマホでFX」ぢゃ!専業トレーダbuchujpのiPhoneアプリiClickFXでテクニカル分析と実践トレードの巻

スマホのiPhoneでFXトレードをされている方も多いと存じますが、専業トレーダーbuchujpも今回、iPhoneでクリック証券の「iClick FXneo」というiPhoneアプリでのチャートテクニカル分析とスマホでの実践トレードを知人宅から収録でお送りしてみたいと思います。

まずはいつもおなじみbuchujpのサブ口座「クリック証券」のiPhoneアプリを起動したトレードをご覧くださいませ


恋スキャFXビクトリーDX完全版当サイト特典付きリンクはココから

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。

恋スキャFXビクトリーDX完全版当サイト特典付きボタン

⇒>>動画のFX口座はクリック証券を使用しています<<

 

専業トレーダーだからと言って、一日中トレードルームに閉じこもってメタトレーダーチャートを見ているわけでも無いわけでございまして、皆様におかれましても外出先でスマホやiPadなどのモバイル端末や携帯機器からFXの情報やトレードを実践されている方も多いはず。

buchujpも、そんなに多いわけではありませんが、近所のスターバックスコーヒーや、ミスタードーナツなどのお店で読書などをしながら気分転換をすることもございまして、そんな時はスキャルピングでは無く、スマホをチェックして1時間足程度の長めの時間足を使ったトレードを執行することもございます。

 

本日のケースは友人宅での為替チェックでしたが、手に持っていたiPhoneのクリック証券アプリである「iClick FX neo」を起動して、豪ドル米ドルの値動きが気になり、「戻り売り」の仕掛けが出来そうという判断に至ったため、ショートエントリー執行となった場面でした。

おなじみクリック証券ですが、buchujpのサブ口座として使用しており、外出先からはクリック証券の「iClick FX neo」のアプリを使うことがほとんどです。

⇒>>動画のFX口座はクリック証券を使用しています<<

 

自宅のトレード用パソコンのbuchujp流カスタムチャートに近い見た目にすることが出来て、非常に気に入ってるのでございますが、残念なのはローソク足の色が、上昇と下降で逆になっていることくらいでしょうか。

さて、スマホ(iPhone)からのテクニカル分析は、画面が小さいためPCで見るメタトレーダーチャートほどの詳しい分析は無理としても、本日のような大きなトレンド波動が見られた場面では、「押し目買い、戻り売り」の目安となる「レジスタンスライン、サポートライン」となる節目を見つけて、エントリーを検討できるレベルにはあるのではと思った次第です。

2014.01.17audusd_1h
※最高峰の裁量トレードスキルアップ教材は間違いなく「マエストロFX」をお勧めします<<公式販売サイトはコチラ

 

スマホトレード実践動画の中で、まずはチャートを日足⇒4時間足⇒1時間足 という具合で見ていきましたが、トレンドは確認できていますので、

特に4時間足で見たチャートで、以前の下げ止まったサポートライン上での値動きがしばらく続いていた後の、下抜けでしたので、「戻り売り」の検討が出来るのではと、気になって仕方がなく、この動画収録となりました。

おもむろに友人宅でテレビを見ている途中に、iPhoneのクリック証券チャートをコンパクトデジカメで録画を始めるbuchujpに、友人は、何が始まったのかと・・(笑)

 

して、すぐに帰宅するつもりが大相撲の中継が始まり、「稀勢の里の取り組みが終わらんと帰れん!」(オヤジか!)という感じになりまして、その後帰宅となりまして、PCでのチキン決済となりました。

ちなみにですが、豪ドル米ドルのように「大きな推進波動」トレンドが見られる通貨ペアに関しては、トレードロジック手法の相性としては、「トレハンFX」のようなトレンド時に大きく利益を獲るタイプのロジックが良く合うのではと思います。

⇒トレンドハンターFX 関野式プロトレーダー育成プロジェクト

 

FXのスマホアプリもかなり進化していますよね。

回線のスピードも速くなり、大画面化もしていますから、ある程度のテクニカル指標も表示させて、PCの見るべきチャートポイントくらいは十分に確認できるというレベルにまで来ているという感じがします。

 

しかし、

そうは言っても、慎重に「自分の勝ちパターン」を確認できない場合は「見送る意識」は忘れずにトレードして参りたいところです。

 

では、この後もご一緒に慎重に相場の監視をしてまいりましょう。

ではでは。

⇒>>動画のFX口座はクリック証券を使用しています<<

 

 
 

PS.緊急ご連絡
⇒FX-jinトップトレーダー育成パッケージ限定募集開始!
top_trader_ikusei_package_3502014年2月6日19時より2週間の期間限定募集が決まりました。
第三期目の募集で、これまでの募集はスグに埋まってしまう人気FX塾の為、お急ぎくださいませ。
buchujp力を込めてイチオシのFX-jin先生のFX塾でございます。

※当該FX-jinトップトレーダー育成パッケージに限り、当サイトの保護記事の全てを特典にセットでお届けいたします。

あれからFX専業トレーダーへとbuchujpもステップアップしましたが、「実際に使える」ものをぜひ本気で取り組んでみて下され。それだけの価値はあります。