FX教材コレクターも使えるロジックにする「FXライントレードマスタースクール」のレイヤーとは

FX教材をこれまで買いまくって、「おすすめFX教材」と思ったから購入して試して見たのに・・・なんだ、コレもダメか・・・。こんな感じで、いつしかFX教材コレクターになってしまったという個人トレーダー様「だった」という読者様もいらっしゃいまして、

ロジックは結局何でもいいけど、今見ているチャートでそのロジックが「機能するか」を裁量判断するスキルが付き始めたとたんに、やっぱり「使えるロジックだったのか」みたいになるケースは多いようでございます。


その、「肝心な」チャートを見て判断するスキルにライントレードのロジックを加えたFX教材が「FXライントレードマスタースクール」という表現がピッタリなのではと最近特に思うbuchujpでございます。


FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を2つ(ライマス申込み)
※当該教材は安いものではありませんが、「ライマス」は10回分割払いが使える為、「月謝感覚」での受講者が多いようです。

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか2つ)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)





短い時間足チャートの内容は、大きな時間足に収れんされるという前提のもと、各時間足ごとにシンプルに考えてみますと、


価格の値動きで、上に上がって頭を抑えられれば押し戻され、下に下がってサポートされれば、また押し上げられ、という形で、


いつか、そのラインが破られれば、次の値動きで同じことが繰り返されるという感じで、チャート上に見えてくるのが「階層」だと思いますが、このレイヤーを読み取るスキルと整合するトレンドラインや節目に当たる抵抗線を


常に変化していくチャート形状の中で引き直したり修正したりして、チャートの階層を動く値動きの方向を確認する方法を勉強して訓練すれば、誰でも一つか二つくらい持っている、トレードロジックが生まれ変わったように、機能させられるようになるのではと想像しているところです。(個人的な見解)



koisca_sengyou_member340buchujpが最も欲しい技術で目指すところでもありますが、FX-jin先生のように「チャートを見ただけで」というセリフがカッチョよすぎて、自分も必ずそうなってやる! と思っているうちに発売されたのが「FXライントレードマスタースクール」という感じ(笑)


発売直前にFX-jin先生と食事した時も、なにやら奥歯に物が詰まったような言い方で、リリースする事実を教えてくれませんでしたが、「ライマス」の目指せる本質的なところは、そこかなと思う次第です。



で本日もFXライントレードマスタースクールのレイヤーをしっかり意識しての実践トレードです。
raimasu_buchujp
豪ドル米ドルはドル円に比べてダイナミックに動きますから、どちらかと言えば初心者向けの通貨ペアでは無いかも知れませんが、一度方向が出始めると確認が容易いことから、このレイヤー概念の分析手法をよく使います。


レンジの時も、レイヤーは分かりやすいかもしれませんが、キレイナトレンドが発生した時には、フリーハンドでもラインが引けるほどキレイにレイヤーの存在が確認出来ることもあります。


それでも絶対ということは無いので確率論になるかもしれませんが、少なくとも、どこで世界中のトレーダーが意識しているのかというラインを押さえておくことは、「何らかのプライスアクションが起こる」という前もって想定した準備が出来るということですから、



間違った変なところでポジションエントリーするというリスクは激減すると思いますし、とくに意識されていたレイヤーが抜けたという確認方法が分かれば、そこに自分の持っていたロジックを当てはめて優位性のあるトレードも可能になると思います。


言い方を変えれば、最初からものすっごい勝てる確率の高いところで、昔勝てないと捨てていたロジックも機能してしまうというトレードが出来てしまうという、こんな可能性のある技術です。言い過ぎでしょうか(笑)



buchujpは日頃から恋スキャFXあるいは、MAX岩本さんのデイトレMAXロジックをレイヤーと合わせてトレードすることが多いですが、とくにデイトレMAXとの相性は抜群ではないかと。


チキン専業トレーダーbuchujpの場合は、50pipsとか長く引っ張るトレードは性分的にほとんどしませんので、本日の実践動画のように、恐らくレイヤーの境目が見え隠れしているようなところをまたぐ場合は、分割決済という方法を使うか、一度決済して再度エントリーし直す検討をするトレードスタイルになると思いますが、それが可能になるのがレイヤーを見ているかどうかという、チャートの見方と言えるかもしれません。




私もまだまだ勉強中の挑戦者ですが、目指すは「安定」でございますから、是非ご一緒に頑張って地味な勉強かも知れませんがやっていきましょう♪







FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を2つ(ライマス申込み)
※当該教材は安いものではありませんが、「ライマス」は10回分割払いが使える為、「月謝感覚」での受講者が多いようです。

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか2つ)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)
せっかくの「ライマス」を活かしたいから!
FXライントレードマスタースクール(ライマス)buchujp特別特典動画プレゼント
専用特典1「水平ラインとトレンドラインの使い分けのコツ」
 ※この動画はオマケと思ってナメてはいけません。特に恋スキャFXと併用時に(!)と気づくレベルです。
raimasu_tokuten_01_300 専用特典2「ライントレード・マスタースクールの活用法」
raimasu_tokuten_02_300 専用特典3「ライントレードを学ぶ上で、練習に最適な通貨ペアと時間足」
raimasu_tokuten_03_300
3つの特別動画特典をFX-jin先生から頂きましたのでプレゼント致します。

ぜひ、すぐに始めてみて下さいませ!