ゴルスパFXでFOMC指標発表は攻略できたのか

FOMCの重要指標発表が深夜1時半でしたので、ゴールデンスパイダーFXを使った指標発表攻略作戦の実験のため、今朝は寝不足です(汗)

ゴールデンスパイダーFXのチャート、インジケータを使えば、重要指標発表時はリスク回避の逆に大幅利益を獲得する機会になるという、攻略法を試すため、待ち構えていました。

とりあえず、動画収録しましたのでご覧下され・・・

 

結論だけを書けば、42.3pipsのプラス利確となりました。

それも、朝7時過ぎに目覚めてからの利確です(汗)

 

さて、

FOMC発表直後は大ブレで、ゴルスパFX5分足の矢印が出た次の足の確定を待つという具合で、緊張しながら見ておりましたが、チャートをご覧の通り、上下にぶれながら「買い矢印と売り矢印が交互に示現する」という状況になり、エントリーのタイミングが、前回の米雇用統計発表のときのようには上手くとれず、ローソク足の方向の安定を待つしかありませんでした。

キャプチャーはゴルスパFXで朝7時20分頃

※クリックで拡大します

 

ゴールデンスパイダーFXの売買矢印は、FOMC発表直後のローソクが陽線、陰線ごとに示現する状況で、上下に100pips超のぶれ方をしているため、安定まで待つしかありませんでした。

最終的にゴルスパFXの買いサイン後の陽線が3本連続したあと、ようやくロングでエントリー。ただし、今回は危険な感じがしていたので、大量ポジションとはいきませんでしたが。

 

その後しばらく眺めていましたが、強烈な睡魔のためストップ設定をして就寝。  朝7時に飛び起きてチャートを見ましたが、無事上昇をしていまして、一時1.3000ラインまで上昇したようです。

ユーロドル全体の流れとしては、まだまだ上昇トレンド継続中か? という感じですが、急激な買われすぎ間もあるので、もしかすると調整売りがあるかもしれないですね。

結果的には、42pips超の利確となりましたが、これでゴルスパFXを使ったFOMCの攻略方法と呼べるかどうかといわれれば、「攻略法」というからには、誰にでも等しく「再現ので出来る方法」でなければ意味がありませんので、半分は成功で、後半分はあわてずチャートを見てしっかり方向を見極めることが出来れば・・・ということで、

半分成功という感じでしょうか(汗)

でも、これで重要指標発表をいくつか経験して、ゴルスパFXを使って攻略する感覚がつかめてきましたので、これまでのリスクのある重要指標発表も利益を大幅に獲得できる機会に出来るということがわかりましたので、更にゴルスパFXを使った攻略法の詳細なコツなんかを今後磨いていきたいと思います。

ザ・ゴールデンスパイダーFXはコチラからご購入

 

ゴールデンスパイダーFXの使い方、活用方法によって、今まで利益に出来ていなかったリスクのある場面や、裁量判断が難しかった場面も、とりこぼしていた場面を利益に変えていけるという部分と、

やはり、FX初心者の方が裁量を見につけていく過程のライン取りが、段々理解出来て来るということ、そして、単純に売買サインの矢印だけを参考にしても、時間帯を狙えば利益を残せるという、簡単さという面で、ゴールデンスパイダーFXは今年発売された、ユーロ系の裁量補助インジケータチャートではMVPですな。

 

buchujpは継続してユーロドルは特に「ゴールデンスパイダーFX」をカスタマイズしたチャートで使用し続けておりますが、それ以外の通貨ペアではマナブ式FXのTHVシステムと併用して使っています。

いずれにしましても、最終的には自分の裁量で判断しながらエントリーから決済までする、「裁量技術を見につけて磨いていく」のに役立つものだと思いますが、ぜひ今後もご一緒に勉強しながら利益を獲得し続けるトレーダーとしてがんばりましょう♪

 

では、寝不足解消のためこれから少し休んで夕方からまたチャートを監視してみたいと思います。

ではでは。