恋スキャFX失敗!も「ライマス」のレイヤー・ゾーントレードで勝つ確率へ続行トレードの巻

恋スキャFXのロジック条件を満たした場所でのエントリートレードでございましたが失敗トレードと言うと少し大げさではございますけれども、ボリンジャーバンドがさらに収縮したまま極めて細い横方向のレンジに突入。

チャート見直しで、ポジション保有したままFXライントレドマスタースクールのレイヤーとゾーンの概念を用いたトレード方針移行し、オーバーナイトとなったトレードでなんとか利益を確保したトレードになった次第でございます。


FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を2つ(ライマス申込み)
※当該教材は安いものではありませんが、「ライマス」は10回分割払いが使える為、「月謝感覚」での受講者が多いようです。

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか2つ)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートプレゼント(設定動画付)




FXのトレードがうまくいかない、何度やっても損切りばかりで自己資金が減るばかりで、せっかくFX教材を勉強して「勝てる」と評判のトレードロジックを試して見ても、何故か負けるということはありませんか。

buchujpも連敗することはありますし、チャートが見えなくなったり、スランプかもと思うことはしょっちゅうです。



本日のトレードも、自分が最も良く使うロジックの一つ、「恋スキャFXビクトリーDX」をチャートに当てはめたトレードでございましたが、目論んでいたチャート形状にならず、極めて低いボラティリティーのレンジ形状となりまして、 「ロジックを使ったトレード」からライントレードのレイヤー概念を用いた確率方向へのトレードへ転換しての続行トレードになりました。
koisca-sippai
自分の、FXスランプ脱出法と言いますか、いつもですが、調子が悪い時、負けが続くような時は、「長い時間足でのトレード」を検討するようにしますと自然と修正されるような感じでございます。

もしかすると当たり前のことかもしれませんが、短い時間足チャートの内容は長い足時間足チャートの値動きに収斂されていきますので、よりトレンドの方向感がつかみやすいということも言えますし、短い時間足チャートで値動きが上か下かどちらに動くかという予測ではなく、「予想」に執着していた自分に気がつけるということもあるかもしれませんね。


どんなにすごいと言われるFXトレードロジックや手法でも絶対という事はありませんので、ここは鉄板だろうと判断できる材料がいくつも揃っていたとしても、その通りに行かないときだってあるわけでして、

その時にこそ役立つのが、 FXライントレドマスタースクールや、マエストロFXのようなチャート分析の知識であったり、裁量判断のスキルが必要になってくるといえるかもしれません。


動画の中で、さもわかったようにレイヤーやゾーンについて話をさせていただいてるのも、すべてFXライントレード・マスタースクールに代表されるFX-jin先生からの「受け売り」でございます。



話を戻しまして、正午にエントリーしたポジションが深夜になっても変わらずレンジのため、1時間足チャートでレイヤーおよびゾーンとおぼしき所へライン引き損切りのOCO注文を入れて放置となりました。
line-trade-master-shcool-tenkan
恋スキャFXビクトリーDXのトレードとしては失敗トレードのような結果になっておりますが、近しながらFXライントレドマスタースクールのレイヤー・ゾーントレードとしては辛うじて成功という結果になった感じでございました。

やはり値動きの推進方向を確認する1つの方法としてトレンドラインやレイヤーなどを用いますが、確率の高い方向へ長い時間足でのチェックから徹底して確率論でいくというのも、うまくいかないトレードから脱出するのに試してみる価値のある手法なのではと感じた次第でございます。



FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
 ※実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートプレゼント他




1つ個人的な感覚での補足でございますが、本日の採用した通貨ペア豪ドル米ドルですが、この通貨ペアは多少オーバーシュート気味に値動きする場面が多いような気がいたしますので、その点を考慮しますとFX初心者向きではないかもしれません。


しかしながら、 1時間足や4時間足などの長めのチャートであれば、素直にトレンド推進方向へなっていくトレード手法はユーロやポンドなどと同様にボラティリティーが結構ありますため、利益的には魅力かもなぁという感じがしています。



さてあっという間に今月も残り僅かですが、個人的には5月は難しい局面の多い相場だったのでは無いかなぁと感じている次第ですが、あなたはいかがだったでしょうか。

それでも、恋スキャFXや、デイトレMAX実践検証(参考記事へ)などでの、推奨トレード手法におきましては、なかなか良いパフォーマンスが出せてる方も多いのでは無いかと想像してるところでございます。※buchujpのFX初心者初期からの勉強方法についてプライベート動画はコチラ



ではこの後も、 buchujpも慎重にご一緒に相場を監視しながらチャンスの場面を見つけてまいりたいと思う次第でございます。






(FX-jin先生のFX攻略講座動画配信・無料登録です)

>>FXを始める前に理解しておくべき内容がFX-jin先生の無料講座動画で<<