自分のスキャルピングと「王道スキャル」を比較してみたら・・自分は下手くそでした(爆)

スキャルピングからFXの道に入ったと自負していましたが、その後自分のトレードスタイルはより「利益の幅」を求めるようになり、現在の短期デイトレードという形のデイトレMAX的パターンがお決まりのパターンになりましたが、

「王道スキャル」をはじめとして最近のスキャルピングの話題で盛り上がっているため、本日は5分足でスキャルピングトレードを実践してみようと思いましたが・・・。王道スキャルと比べてみますと・・・


「王道スキャル」当サイト特典付きで
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント(設定動画付)



すっかり現在の自分のトレードスタイルが定着しているため、特にデイトレMAXの要素を含むトレード手法を無意識にやっているせいか、スキャルピングトレードの、短くサクッと利確するというリズムが下手くそになってしまった感のあるbuchujpでございます(爆)


結果としてはワントレードで4時間もホールドしてしまいまして、確定利益は+18pipsでしたが、トレードの手法を比較して良いか悪いかでは無く、性格の問題であったり、身に付いたトレードスタイルであったりという感じでしょうか。
2015.6.26-oudousucalp-audusd-dayi
本日の相場は、もちろんスキャルピングで何度もトレンドの推進方向へ沿って、利確を繰り返すやり方も宜しいですし、その企画のつもりでしたが、

FXを始めて6年ほどたちますと、しばらくスキャルピングをやっていないと、手が動かないと言いかすか、利益確定のチャンスのポイントを逸してしまうという、反射神経の悪さと決断の鈍さがリズムを悪くしているのかもなぁという感じです。正直。


そして、このトレードの場面を「王道スキャル」チャートで見てみますと・・・↓
2015.6.26oudouscal-audusd ショート方向へガンガン矢印サインが出ていまして、コツコツと利確している様子が分かります。
※「王道スキャル」は豪ドル米ドル仕様が無い為ユーロドル仕様を無理やり当てはめていますので、チャートの優位性を証明するものではありません。



この後、豪ドル米ドルは大きめのダウントレンドが発生しており、利益を稼ぐチャンスタイムとなっています(汗)


もちろんデイトレMAXの手法で利益をグイーンと引っ張って利大トレードという方法も宜しいですし、「王道スキャル」のやり方でガシガシトレードして自分のトレードが出来る可能な時間の範囲の中で小幅でも利益に換えていくというトレードも良し、

この辺はトレード手法の良し悪しではなく、どちらが自分のスタイルとして向いているかというだけの世界かも知れません。


トレードの結果のpips数トータルではどちらが大きくなるかは分かりませんが、重要な利益額については、一つ一つのトレードに投入するロット数で決まりますから、どちらが大きく稼げるかという比較は甲乙つけがたいのではと存じます。


いつのまにか、buchujpはスキャルピングが下手くそになったと改めて感じましたが、その代りbuchujpカスタムチャートを使ったこれまで勉強する機会を得たFX教材のイイとこ取り的な短期デイトレが自分のスタイルとして癖になっているため、本日の5分足トレードは動画のような結果に終わりましたが、


考えようによっては、例えば短い時限られた時間でロット調節しながらスキャルピングに徹底したトレードをしたいと思えば、「王道スキャル」を活用してみるという自分なりの使い方も出来るなぁと思った次第。



「王道スキャル」当サイト特典付きで
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント(設定動画付)




ちなみにですが、「王道スキャル」と「PLATINUM TURBO FX」のトレードはやはり違いがあります。PLATINUM TURBO FXの方は1分足チャートでの検証は実はほとんどしたことが無いのですが、利幅的にはPLATINUM TURBO FXの方は引っ張る傾向にあるという印象。


こちらも、自分のやりたいトレードで選択するということになりそうです。 スキャルピングでコツコツと貯金を積み上げるように・・・という表現が似合う、「王道スキャル」も特にFX初心者トレーダー様に人気が出そうだという感覚はあります。


ただし、ですが、buchujpも「王道スキャル」は検証中なため精度や優位性については今後も試しながら、また付属している裁量マニュアルも活用することを踏まえて検証していきたいと思います。あくまでも、スキャルという目線でこのチャートを捉えていることをご了承くだされ。



では、今記事を書いている間も、豪ドル米ドル、米ドル円ともにトレンドが発生中でして、buchujpもトレードに戻りたいと思います。


それでは、この後もご一緒に慎重にチキントレードで頑張りましょう♪






PS.FX初心者のスキャルピング7日間集中プログラムが無料です。お早めにどうぞ
top_7days