FXトレンドグライダーにも「ダマシが」検証中!FX初心者も負けトレード回避方法の巻

FXトレンドグライダー検証第三弾です。FXトレンドグライダーもダマシ発生については完璧というのは無理なのですが、アイディアや他のロジックとの併用などで単純に回避することは出来るのではないかという事例動画になった次第です。


⇒FXトレンドグライダー当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。



ブレイクアウトのトレンドフォローを意識したトレードロジックを検討しながらも、そこへ逆張りロジックの整合しているところが無いかをチェックすれば、怪しい場面はせめてトレードを見送るということが出来るのではという単純発想でございます。

そこで、殿堂入りFX教材の「恋スキャFXビクトリーDX」のカウンターロジックとの合わせ検討です。

今回は、FXトレンドグライダー検証トレードを3つの時間マルチタイムフレーム状態にして、4時間足、1時間足、30分足の3分割画面にて参照しておりました。
fx-torendo-guraida-shosinsha
FXトレンドグライダー検証中に鉄板トレード形状の「暗雲突破」が疑われる場面でございましたが、雲を抜けたかどうかが微妙な場所で、ここに重ねたボリンジャーバンドが重合。

ショート矢印が出たローソク足付近では、ボリバン1回目の-2σタッチでございましたので、一度戻りが発生するリスクが読み取れたかと存じます。(あくまで、可能性リスクです)


結果的に一度ボリバンセンターラインまでの戻りが発生し、この幅が約20pips。結構ありますので、ショート目線で間違いないとポジション保有していても、一度切りたくなる含み損幅ですか。

その後2回目のFXトレンドグライダーのショートサインが出た場面では、完全に雲を下抜けまして、ここからのショートエントリーとしました。



結果として、恋スキャFXのロジックアクションを疑えたことで救われたような、ダマシ的な場面を見送れたトレードとなった感じでした。


ところで、トレンド中の恋スキャFXロジック合致場面はこのチャート上でも随所に見られ、単純に見ても、3回は勝率の高いトレードが出来たのではというチャート示現になっています。


FXを始めて恋スキャFXをメインのFX教材として勉強されているトレーダー様はかなり多いと存じますが、FXトレンドグライダー検証しながら、二つの異なるロジックを使ってこのチャート攻略に取り組んでみるのも、宜しいのではないかと主観的な見方ですが、意味があるのではと感じた次第です。



⇒FXトレンドグライダー当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから



さて、シルバーウィークも終わり、buchujpも今日から通常通り自分のトレードに戻っております。 
buchujp-4tuuka
buchujpカスタムチャートでは、ドル円・ユロドル・オージードル・オージー円の4通貨ペアを参照しておりますが、特に本日のFXトレンドグライダー検証実践トレードの時間帯では、ドル円はグダグダのレンジで、トレードしても利益は見込めない感じでしたが、豪ドル円の方ほうで動きに乗れたという感じでした。

チキンながらも慎重に、キレイなチャート示現のところだけを待って、待ちまくって取り組みたいところです(汗)


稼ぎ相場と言われる、9月と10月ですので、ぜひご一緒に頑張ってこの相場を乗り切って参りましょう♪





※参考
本日併せて使用しておりましたbuchujpもFX初心者へ超推奨の「恋スキャFXビクトリーDX」
⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラ