FXトレンドグライダーで重要指標発表攻略を実践検証つい先ほどの生録画です(汗)

FXトレンドグライダーの検証実践トレードが続いておりますが、本日は米雇用統計で重要指標発表攻略をFXトレンドグライダーで検証実践ということで、つい先ほどやったばかりの生録画をアップさせて頂きましたよ。


⇒FXトレンドグライダー当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。




FXトレンドグライダーを使った重要指標発表攻略はコレが初めてでございますので、非常に緊張しましたが、FXトレグラチャートの特徴である、「雲」に見立てた重要な抵抗帯を抜けるのをしっかり待ってからの、慎重なエントリーが出来たのではと存じます。
fx-toregura-sihyou-kouryaku
米FRBの利上げの根拠にもなり得る、世界が注目している米雇用統計発表でございましたので、状況によっては一方向へガツンと動くのではないかと本日は待ち構えておりまして、

しばらくFXトレンドグライダーを継続して検証していたため、目が慣れてしまっていることもアリ、いっそFXトレンドグライダーで攻略の様子を生録画してしまえという流れでした(汗)
※あまりの緊張の為、通貨ペアを言い忘れましたが、豪ドル円です。この通貨はオーバーシュートが良くあります為、FX初心者様には若干精神的なプレッシャーの多い通貨かもしれませんのでご注意くださいませ。


どちらに動くかは、もちろんわからないわけですが、想像通り動いた方向へ一方的にグイグイ行きましたね。


東京市場からは様子見の模様でレンジ形状でございまして、これが逆に、FXトレンドグライダーの「雲」(抵抗ライン)の様子がキレイに「レイヤー」わけ出来る形状形成につながり、どちらに抜けるかを判断するだけのトレードになったと分析しています。


※動画ではこのトレード手法について、「開空飛翔」に近いと言っていますが、「暗雲突破」の形ですね。


約20分のトレードで55pipsは効率の良い稼ぎになったのではとbuchujpとしては思いますが、上位時間足のFXトレンドグライダーが表している雲がどこにあるか、というのを参照しておくというのは結構重要なのではとも思いました。

決済は自分の大好きなデイトレMAX決済方法に近い、pivotを参考にしようと思っておりましたが、4時間足チャートの雲も参考にしながら、チキン決済で逃げたという結果に。




⇒FXトレンドグライダー当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから



もちろん、その他の指標発表でも同じように行くかというのはありますが、方向感の出やすい指標発表攻略では、慎重にしっかりと方向が出るまで待ってからついていくか、先日の勝手に鉄板トレード「雲高空再」の方法も宜しいのではと想像しています。


しかし、4時間足チャートを見ても、きれいに雲の抵抗が現れ、テクニカルが効いている値動きだという印象ですね。


とりあえず、buchujpカスタムチャートでのいつものトレードに加え、FXトレンドグライダーも表示させながらガシガシ使い込んで検証を続けてみようと思っているところですよ。


では、今日は手仕舞いとしますが、また来週からご一緒に慎重に相場監視して参りましょう。






※PS.FXトレンドグライダーその後の追記です
マルチタイムフレーム参照して慎重にトレードしていた「FXトレンドグライダー」雇用統計発表攻略の件ですが、その後意識していた4時間足の雲を起点に、完全に巻き戻してしまいましたね。
koyoutoukei 本当の意味での、FXトレンドグライダーで勝ち逃げした検証実践トレード生録画動画になったのではという感じです(汗)