恋スキャFX失敗か?トレード開始7分で損切りのチキン!損切貧乏のFXか

FXで損切貧乏という言葉を聞きますが、たまに自分の為にある言葉かと思うことがあります。チキンすぎるのが原因かもしれませんが、相場に合わせて恋スキャFXビクトリーDXロジックも損切をどこまで許容するべき形状か、もう一度考えてみるいい機会になったかもです。


動画のサブ口座DMM FXは初心者も専業トレーダーもお薦め 口座開設コチラから


⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。




お昼に目が覚めまして、トレードルームのチャート6通貨ペアを見ながら、なんだか今日はやりにくそうな相場ではと、眺めておりましたが、結局相場は迷走状況で、痔が悪化しそうなほど座ってみていた次第です(汗)

米国のGDP指標発表が21時30分に終わりまして、変化を観察、大きな動きは見られない状況でしたため、恋スキャFXビクトリーDXロジックが有効ではないかと判断、

ユーロ円のきれいなボックス形状になっているところに、レイヤーのラインが引け、ボリンジャーバンドも並行、そしてRSIも所定の範囲に収まっていることを確認し、トレード検討に。
koisca-tikin-eurjpy
チャート目線は上位時間足チェックでダウントレンド方向と判断、これは恋スキャFXビクトリーDXロジックの鉄板トレード形状ではと考え、ボリンジャーバンド+2σのところからショートエントリーを執行でございました。


しかーし!

リアルで見ていますと、みるみる反対方向へローソク足が上昇、「ボックスが続いた後の抜け出し」を最も恐れていたため、ビビってしまいまして、エントリーしてからわずか7分で損切り、-5.9pips。

今思えばですが、せめてこのローソク足の終値までを許容するべきでは無かったかと、ヒゲで戻したローソク足を見て、微妙に悔しく冷静さを取り戻そうと、もう一度チャートのエビデンスをチェック。


目線は下方向、レイヤーの存在、ボリンジャーバンド重合、MAはパーフェクトオーダー、RSIよーし、

4monita160で、再度恋スキャFXビクトリーDXとその他のエビデンスをプラスして、ショートエントリーとした次第です。



悲しい損切でしたが、根拠に自信を持てないうちにパパッとエントリーしますと、パパッと損切りになってしまう、良い例になったのではという感じでございます。


結果的には恋スキャFXビクトリーDXのロジック通りのトレードになりまして、結局いつもの恋スキャFXだったじゃん、と

こんな日もあると思って、気を取り直して明日からまたチャートチェックの基本をしっかりとやっていこうと肝に銘じた次第です。






⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)