「メテオチャート検証第一弾」実は最も重視メテオチャートのアレで実践と評価をズバリbuchujp流で

酒巻式メテオチャートのチャート構造やロジックについて暴露をぶちまけながら実践トレード状況を録画したレビューでございます為、この記事と動画につきましては保護記事として掲載したいと存じます。

また、一般公開は恐らく来週の初めころと存じますので、当サイトからも特別特典準備中でございます。

では、実際の「メテオチャート」実践トレード動画をまずはどうぞ



酒巻式メテオチャート-デイトレードプレミアムbcuhujp特典付きリンクで公式サイトへ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【特別特典が用意できました!】
「ドル円と他通貨ペアとの相関関係から、相場の動き方を予測できる!
完全オリジナル・インジケーター“コリレーション”(解説動画つき)」

「色の変化だけでトレンドをひと目で判断できる!
時間軸チャートでも使える3本の平均足スムーズド!(解説動画つき)」

「時間軸チャートでも使える完全オリジナルツール!
これで稼げないところがハッキリ分かる、スクイーズディテクター!(解説動画つき)」






まず、既に4DFXをお持ちのユーザー様が最も気になるのは、メテオチャート -デイトレードプレミアムと4DFXの違いと、位置づけだと存じます。

buchujp個人の感想といたしましては、メテオチャートは4DFXの発展版では無く、4DFXはあくまでもスキャルピング志向に適したチャート、そして「メテオチャートはデイトレードに最適化した最新のチャートシステム」という棲み分けした位置づけと考えます。

ベースとなっているのは、4DFXもメテオチャートも「練行チャート」でございまして、時間軸では無くボラティリティからチャートを形成するという視点は同じでございますが、

メテオチャートの方は、トレンドでの利益幅をどのように狙うか、システム的にFX初心者でも最大限のエントリー検討の補助を目指して工夫されたという印象が強いです。

メテオチャートに搭載された、「トレンドバンズABC」と、トレンドの転換を判定する仕組みとメテオサインとの関係が、このチャートシステムのキモではないかとbuchujpは実践トレードで感じた次第でございます。
通貨ペアドル円  トレード時間3時間15分   損益+37pips  損益金額+41,564円


チャートをリアルに見ている場面ではトレンドの方向がどちらにあるか、まずは見極めてエントリーするという、当たり前の順張りトレードでも、実際には8割以上のトレーダーが逆を掴んで負けトレードになるという結果は、現実には動いているチャートから現在のトレンド状況を判定するのは簡単では無いということでしょう。

時間軸で動くローソク足は常に上下しながら、始値と終値の関係で1本のローソク足が完成し、それがつながっていくわけですから、その瞬間の勢いやローソク足のブレを見て、正しい方向判定を誤ってしまうということも多いと存じます。

メテオチャートの足は、ローソク足では無く、ここではトレンドバーと呼んでいますが、メテオチャート実践動画でご覧の通り、本来ローソク足チャートで押し目や戻りなどの「スイング」形状の所は、「ヒゲ」として処理され、トレンドバーの一貫性のある方向へ復帰したら、そのまま一直線にトレンド方向を示しながら形状が出来る仕組みで、これが最大の特徴と存じます。


押して戻ったら、ヒゲとしてチャート形状処理され、トレンドの方向を続行させるため、メテオチャートの「足」は一直線にトレンド方向を形成いたします。

しかし、押しが深い局面で、「ヒゲ」では無く、トレンドが転換したと判定される場面では、この幅が30pip+トレンドバー1本分の3pipsで最大33pipsのギャップが起きた時にメテオチャートではトレンドバーが判定方向へと「足」として形成され、この仕組みを酒巻氏が検証してシステム的に最適と判断してメテオチャートが完成したようです。

buchujp的には、唯一この点でまだ懐疑的な部分が残る1点でもございますが、酒巻氏によれば相場監視によって将来もこの限りでは無いような説明をされていたことから、問題ということではないと自分は解釈しております。


さてこのようなメテオチャートの仕組みで、実際のトレードでは、FX初心者目線ではトレンドの方向判定が容易になるというメリットと、ヒゲで処理された押しや戻りの所には、「メテオサイン」としてひし形のマークが表示され、トレンドの途中にコレが何度も出ますと、「アップトレンドでは、押し目の完了形状」、「ダウントレンドでは戻りの完了形状」を意味すると解釈できますから、

よりトレンドの方向を支持するという判定にもつながりやすく、これらのサインを含め、メテオチャートの「メインサイン」を見てエントリーを検討するという手順は、非常にシンプルでありながら信憑性も確率的に期待できそうな感じが致します。

実際には、コレダケでは無く、メテオサインに搭載された、トレンドバンズABC、そしてスイートバンド、緑の停滞相場を表すリスクを示すラインなど、判断に必要なサインがチャートに表示されます為、よりシステム的にトレード判断がしやすくなる印象。

損切りルールや決済ルールも、レンジ相場の局面と、トレンド相場局面でそれぞれ提案されており、FX初心者なら安全パイの所で利確、経験トレーダーや上級者ならば、より利大を目指すため各種インジケータを見ての裁量判断の余地までも残されているため、

トレードルームのパソコンに入れて、日頃のトレードの助言チャートとしても、常時眺めていたいと思わせるチャートシステムではと、今の所評価したいと存じます。


また、4DFXとメテオチャートは競合しないチャートシステムという印象を持っており、この2つのチャートは今後も同時に並行して提案されるのではと想像しているところでございます。



メテオチャートについて、buchujp流で主観的な感想評価と、チャートシステムの内容暴露的な動画を掲載させて頂きましたが、今後も継続的に検証などを行ってまいりたいと存じます。



当サイトでは一般公開からご案内する予定でございます為、本日は保護記事、そしてなるべく実践トレードの中から今後実際にトレードで活用できるよう、メテオチャートの各種インジケータも参考にしたトレードを行ってみました。


では、この後も、ご一緒に慎重に相場監視をしてまいりましょう。






酒巻式メテオチャート-デイトレードプレミアムbcuhujp特典付きリンクで公式サイトへ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
【特別特典が用意できました!】
「ドル円と他通貨ペアとの相関関係から、相場の動き方を予測できる!
完全オリジナル・インジケーター“コリレーション”(解説動画つき)」

「色の変化だけでトレンドをひと目で判断できる!
時間軸チャートでも使える3本の平均足スムーズド!(解説動画つき)」

「時間軸チャートでも使える完全オリジナルツール!
これで稼げないところがハッキリ分かる、スクイーズディテクター!(解説動画つき)」























※保護記事パス特典は恋スキャFXを既にお持ちの方でも、別教材等ご購入で対応いたします。
恋スキャFXは当サイトから450件超のお申込みを頂きました


管理人へ特典請求又はお問い合わせ ■この基本保護パスの対象商材:マエストロFX・テクニカル慶次・鉄板マスタートレンド・竹井佑介ネクストレベルFX・ほか専用保護記事の無い商材全て