「トレテンワールドFX」トレードを自動化する特典EA稼働させてみたbuchujpの嫁の評価は②

トレテンワールドFXでbuchujpの嫁が先日FX動画デビュー致しましたが、第一弾はサインを見て完全無裁量でのトレードでございました。「トレテンワールドFX」は現在キャンペーン中でございますが、特典についているEAを稼働させてみました。トレテンワールドFX評価レビュー第二弾になります。



トレテンワールドFX(当サイト特典付きリンク)で公式販売サイトへ
当サイト※保護記事特典、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか



数あるFXツールの中から、「エントリーサインだけを出すFXツール」として、buchupの嫁に実践してもらおうと選んだ前回の「トレテンワールドFX実践第一弾」でございましたが、

嫁のFX動画デビューのあと、翌日には「恋スキャFXビクトリーDX」実践buchujpの嫁トレード動画、その日からは「トレテンワールドFX」のトレード自動化、いわゆるEAを稼働させてみておりました。

先月11月のトレテンワールドFXによる3通貨ペアの実績状況を遡って検証してみますと、どうも、この月は「ドル円の相場付き」がトレテンワールドFXのロジックに合っていないのか、パフォーマンスが本来では無いと判断しまして、

「ユーロドル」「ユーロ円」の2通貨ペアのトレテンワールドFXのEAを稼働開始、本日までの実質3日間ではございますが、結果を見てみたいと存じます。
ご覧の通り、まずは「ユーロドル」ですが、トレテンワールドFXの自動化したトレード実績は3勝0敗で、合計+64.6pipsとなり、かなり成績は良かったように思えますが、

販売者様からの公式な11月度のユーロドルの実績はトータルでは、「ユーロドル11月+66.2pp」とご連絡を頂いており、1か月間の稼働でも高パフォーマンスであったと存じます。

続いて、「ユーロ円」は1勝2敗となり、合計では-13.5pipsでございました。ユーロ円の公式実績では「ユーロ円11月 -28.4pp」となっており、ちなみに、ドル円も「11月 -22.8pp」という結果ということで、クロス円の相場付きはやや分が悪かったということだと存じます。

しかし、それでも3通貨ペア合算では、プラス収支となっており、buchujpの3日間のトータルでも、2通貨ペアではございますが、トータル4勝2敗、損益は+51pipsという結果でございました。
トレテンワールドFXのトレードを自動化することで、サインが確定した瞬間にトレードが自動で開始され、同時にストップとリミットが設定されているため、手動でのトレード時に比べ、ズレが無いことと、完全にロジックをそのまま自動化しているため、エントリー時のわずらわしさも無いというメリットは、非常に感じました。

もちろん、トレテンワールドFXで使用する時間足は、1時間足でございます為、そんなに慌てる必要もないと存じますが、エントリー場所、ストップとリミットの場所がサインと同時に、どうせ決まっていますから、楽と言えば楽です。

自動化と言っても、エントリー後にそのポジションをどのように決済、あるいは損切りをするかは、例えば裁量で適宜調節も出来ますし、

トレテンワールドFXの自動化設定は、各通貨ペアごとに、エキスパートアドバイザの設定で、ロット調節やトレード制限時間の設定など詳細に設定が可能なため、FX初心者でも、自分の条件に合ったポジションサイズやトレード制限を調節できます。

例えば、レバレッジがかけられる海外の口座に少額資金を入れておいて、トレテンワールドFXのEAが一度に持つロットは0.01ロット(千円通貨)など小さくしておき、トレード時間制限は、自分の寝ている時間帯は勝手にトレードしないようにしておくなど、そんなことが出来ます。

トレテンワールドFXの自動化について今説明したことは、buchujpの嫁にも同じ説明をしたのですが、「半自動化、半裁量がイチバンいいトレードが出来るのではないか?」と、スゴイ意見を出しまして、驚きました。

その通りだと、buchujpも思います。

例えば、今回のドル円通貨だけを自動化停止をしたのも、裁量と言えますし、ポジションを持った後の処理も裁量のスキルが付いてこれば、利大を目指せる場面もあるのだろうと、思うからでございますが、

FXド素人の嫁にも、かなり猛スピードでFXの理解が進んでいることを確認出来たような気がして、チャートが優れているかどうか、その評価よりも「FXについて考える、気が付く」ということが出来て、buchujp個人的な投資価値はあったと感じた次第。

もちろん、人それぞれではございますが、

せっかく「トレテンワールドFX」の評価記事を書いておいて、こんなことも言うのもアレですが、妻はこのチャートをきっかけにして、恋スキャFXビクトリーDXのロジックと裁量の関係を理解するのに夢中でございます(汗)
「恋スキャFXビクトリーDX」buchujpの嫁が実践トレード初挑戦してみた!FX素人レベルだけどどうなった?の巻


FXツールは「道具」ですから、相場によって良い時悪い時というのが、必ずあると存じますが、道具は道具として使えるトレーダーを目指すというのが、もしかしたら「正解」なのかもしれないなと、トレテンワールドFXを評価しておこうと存じます。


さて、本日は土曜日でございますが、12月もスタートとなりまして、流動性が低下する時期でもございます為、慎重に今後もご一緒に相場監視をしてまいりたいと存じます。



トレテンワールドFX(当サイト特典付きリンク)で公式販売サイトへ
当サイト※保護記事特典、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか