「FXスキャル・タートルEA・アカデミア」検証EAに良い仕事をさせるにはの巻buchujp動画UP②

FXスキャル・タートルEA・アカデミアの検証をしていて、フと思いつきました。 トレード戦略があってロジック手法があって、自動化するEAは裁量要素を含む最初のエントリー準備があってEAの自動稼働スタートとなるわけですので、

極力タートルEAに良い仕事をさせる為の相場とチャンスを選択すれば、より勝率や利益の安定を再現できるのではと、当たり前のことなのですが、そこはEAだけでトレードする方法とは違う絶対的な優位性のあるところでもあると思った次第です。

では、荒い値動きの時に、FXスキャル・タートルEA・アカデミアを稼働させるためには、という動画でございます。


↓購入可能。12月22日(金)19時buchujpサイトで一般募集スタート!
FXスキャル・タートルEA・アカデミアbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
※特別な特典として販売者様から許可を頂きました
■FXスキャル・タートルEAスペシャル特典
「週末に10分だけの作業で勝ち抜く”兼業トレーダーの効率的な稼ぎ方”を公開」
※【非売品】



動画をご覧になり、なぁ~んだ、という声を頂戴しそうですが、そもそも、EAというFX商材を比較対象に考えてみると、分かりやすいのですが、

逆転の発想でして、EAだけを24時間ずっと稼働させてトレードを見守る方法と、そのEAが最もパフォーマンスを発揮できる相場形状をエントリー前に目視で確認して相場を選んでEAの稼働チャンスを準備する、これはどちらに優位性があるか、そんな発想です。

EA任せにしてしまうと、どんな相場でもそのEAは数値的条件合致だけで、どんどんエントリーもするし、荒れ相場でもおかまいなく稼働することになりますが、

EAの落とし込まれているロジックを理解して、そのEAの強みを発揮できる相場、あるいは通貨ペア選択、チャート形状を完全自動化させずに、目視チェックの、わずかな裁量要素をトレード手法の手順の中に体系化されていれば、


例えば、本日のFXスキャル・タートルEA・アカデミア実践検証トレード動画のように、
複数の通貨ペアの中から、最も高い勝率に近づけられる相場形状のモノだけを選んで、FXスキャル・タートルEAにヒモ付けされる、1本のラインを引く作業をする、

これは、機械では出来ないことを人間の補助で完成度が高められるという、

いつもなら、人間のできないことを機械の補助で、という逆の考え方で飛躍的に実質的な勝率や利益を追求できるのではと思った次第です。
テクニカル分析をしながら裁量トレードするトレーダーにとっては、当たり前のことではございますが、EAというカテゴリという前提で考えますと、目からうろこ的でもございまして。

さて、年末相場ということも有り、相場の流動性も低下、そんな状況で何かニュースが材料視されれば普段よりも突発的な動きやノイズ的な動きも、より極端な値動きもあると存じますが、

基本通り、「キレイに示現しているチャートの通貨ペア」を選択して、FXスキャル・タートルEAが得意とするチャート形状の所、可能性の高い所を目視で選んで、FXスキャル・タートルEA・アカデミアで学習するシンプルな裁量、「一本のライン」を自動的に描画される「レンジスキャン」ラインをなぞるように選を引く、

これは、出来上がったものを学習すれば「ふぅ~ん」ですが、このアイディアを発想し、EAと連携するロジックにするのは物凄いことではと、気が付いた次第ですよ。



↓購入可能。12月22日(金)19時buchujpサイトで一般募集スタート!
FXスキャル・タートルEA・アカデミアbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
※特別な特典として販売者様から許可を頂きました
■FXスキャル・タートルEAスペシャル特典
「週末に10分だけの作業で勝ち抜く”兼業トレーダーの効率的な稼ぎ方”を公開」
※【非売品】



FXスキャル・タートルEA・アカデミアの手法や手順につきましては、前回の第一回目のレビュー動画で、かなりの部分を暴露ししていますので、そちらの方も合わせてご覧頂ければと存じますが、

本日の第二回目のFXスキャル・タートルEA・アカデミア実践検証動画は、荒い値動きの状況下で、「EA」という比較対象の中で、気が付いたら当たり前のことでございましたが、単なるEAでは果たせない、優位性について焦点を当ててみた次第です。

では、年末ですが、あまり無理せず、こんな時こそFXの研究や学習に時間を使いたい、buchujpでございました。


この後もご一緒に慎重に相場を監視して参りましょう。





※2010年からのbuchujpトレード環境100秒まとめ動画作ってみました。