Ambush FX(アンブッシュFX)実践トレード2連勝で本日も専業トレーダーbuchujp的テクニカルを添えて③

Ambush FX(アンブッシュFX)先日に引き続きまして2回目の実践検証トレード動画を収録、2連勝になりまして専業トレーダーbuchujp的テクニカルも含めまして、レビュー動画でお送りしたいと思います。

ではアンブッシュFX実践トレード動画その③をどうぞ


⇒Ambush FX公式セールスサイトはコチラから

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。

Ambush FX公式セールスサイトはコチラ当サイト特典付きボタン

⇒>>動画のFX口座はクリック証券を使用しています<<
 

注目のFOMCが無事終わりまして、皆様、ご無事でしたでしょうか。


buchujpは徹夜で情報収集しておりましたが、おかげで今日のお昼はぐっすりでした(爆笑)


チャート上では一昨日アップさせて頂いたユーロドル1時間足チャートでAmbush FX(アンブッシュFX)の実践トレードをしたときのラインがそのままで、昨日は丸一日ちょうど、引いたラインの中でレンジの値動きとなっていました。


丁度前回のAmbush FX(アンブッシュFX)実践で利益確定した利確ラインを下抜けたのが、日本時間の17時ということで、新しい足から再びAmbush FX(アンブッシュFX)ロジックでのショートエントリーとしました。

ambush_fx_2014.0130_bunseki

前回引いた日足チャートで見たダブルトップ形状のネックラインを下抜けたエビデンスが分かりやすいエントリーポイントでしたね。


テクニカル的に見ましても、理にかなっているショートエントリーポイントであったのではと思います。


そして、利益確定ラインでございますが、過去のもみ合ってレジスタンスになっているラインが、またわかりやすいところにありますので、これも目安として宜しかったのではとチキン専業トレーダーbuchujpとしましては、


この記事を書いている20時10分、動画をユーチューブにアップロードしながら、ユーロドルチャートを見てみますと、決済後に跳ねて反発している状態ですので、胸をなでおろしているところです。


しかし、Ambush FX(アンブッシュFX)のリスクリワード1対2を目指したトレード、今日の場合は1対1程度でしたが、なるほど何度か実践でAmbush FX(アンブッシュFX)トレードを試して見ますと、ロジック開発者の永井翔さんの意図するところがなんとなくわかってきたような気が致します。


Ambush FX公式セールスサイトはコチラ当サイト特典付きボタン






本日のAmbush FX(アンブッシュFX)実践トレード動画では、おなじみのbuchujp流カスタムチャートで見た場合のテクニカル分析も含めましたが、基本ロジックに慣れてきましたら、それぞれのトレーダー様の性格に合ったより使いやすいやり方、

自分流にカスタムしてみるなどして、自分自身のロジックに使い込んでいかれるというイメージで活用される感じでAmbush FX(アンブッシュFX)という教材ロジックを捉えてみても宜しいのではと思った次第でございます。




さて、

昨日は、中国の春節でして、(中国のお正月)電話やらメールやら外国人の友人たちから挨拶が飛び交っておりまして、「FOMCで今それどころじゃないんやぁ!」という感じでしたが、朝までオールナイトでした(笑)


sin_nen_2014というわけで、先ほどのトレードで今日は手仕舞いにして、今この記事を下記ながらメタトレーダーチャートをつまみに、一杯やってます(爆)


呑んだらトレード出来ませんので、今日はおとなしくしておこうと(笑)



では、この後は皆様におかれましてはぜひ慎重に、そして今後もぜひご一緒に楽しんでトレードして参りましょう♪





 

PS.緊急ご連絡
⇒FX-jinトップトレーダー育成パッケージ限定募集開始!
top_trader_ikusei_package_3502014年2月6日19時より2週間の期間限定募集が決まりました。
第三期目の募集で、これまでの募集はスグに埋まってしまう人気FX塾の為、お急ぎくださいませ。
buchujp力を込めてイチオシのFX-jin先生のFX塾でございます。

※当該FX-jinトップトレーダー育成パッケージに限り、当サイトの保護記事の全てを特典にセットでお届けいたします。

あれからFX専業トレーダーへとbuchujpもステップアップしましたが、「実際に使える」ものをぜひ本気で取り組んでみて下され。それだけの価値はあります。