FX初心者のこれからFX
*
MAX岩本先生とbuchujp対談ダイジェスト版の公開と1秒スキャルFX評価

MAX岩本先生とbuchujp対談ダイジェスト版の公開と1秒スキャルFX評価

(公開: 2019年07月17日)

1秒スキャルFX手法考案者でFXコーチングトレーダーとしても有名なMAX岩本先生との対談特典動画をUPしました。本日はそのダイジェスト版動画を公開したいと存じます。

実践トレードも行いまして、buchujpの感じる1秒スキャルFXの全体評価とFXの勉強に対する受け止めについても感じるところがあり、レビューに加えさせていただいております。


↓当サイト人気第一位FX教材 
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」



【重要特典追加動画①】
◆MAXジャッジメントを活かしきる!マルチタイムフレームで攻略法とは
buchujp自身は1時間とレーダーでございますため、5分足でエントリーする1秒スキャルFXの個人的な活用方法としては、やはり上位時間足をみてマルチタイムフレームにて慎重に優位性の高いエビデンスが揃っている局面を狙っていきたいところでございます。

MAX岩本先生には、その重要な捉え方について解説していただきました。


【重要特典追加動画②】
◆MAXジャッジメントを活かしきる!複数通貨ペアで攻略法とは
実はMAX岩本先生も、単一通貨ペアだけのトレードでは非常にもったいないと述べられており、MAXジャッジメントの真価を発揮するためのコツをこの動画でお届けできればと、解説していただきました。

1秒スキャルFXを用いたトレードのステップアップに是非お役立ていただければ幸いです。



さて、MAX岩本先生との対談動画は特典特設ページにアップ致しましたが、
1秒スキャルFX特典特設ページはこちら

FX初心者という立場での質問という形での対談内容になりました。

やはり、

FXは不確定要素がある相場というものを相手にするため、確実ということは無いため、単にロジックを知っているからと言って、それで期待した結果になるのかという基本的な質問がbuchujpのベースでございます。

MAX岩本先生はそこを非常に誠実に答えて頂いたと存じます。

1秒スキャルFXと言えば、MAXジャッジメントやMAXアベレージキャンドル、シングルボリンジャーなど目を引くツールが備わっていますが、これをロジックに活用するもので、

基本はやはり、これをベースに裁量要素を加えて利益を追求するという、FX勉強型のロジック教材であるというところで、単一の基本ルールを変化する相場にどのように適応させていくかを判断するという勉強こそがFXに必要なのではと感じた次第です。

ツールのサインにさえ従えば・・・というフレーズは耳に心地よいですが、MAX岩本先生もやはり知識とスキルの向上を怠ると、相場というものは勝てなくなるものではないかという基本的考え方をお持ちなのだろうと対談を通して感じた次第です。

buchujpもそのような考えに同意出来た次第で、MAX岩本先生の「ロジック提供者の自分の考えに共感できる方に使い続けて頂ける」というもので、それはどのFX教材でも同様のことが言えますが、

一つのロジックを自分の手法として、モノにできるようになるということは、そういうことなのだろうと思った次第です。

短く言うと、

「ロジックを活かして勝てるトレーダーになるためには、その手法に絡むテクニカルやメンタルも同時に継続勉強して成長すること」なのだろうと思った次第。


1秒スキャルFXは教材としてその勉強できる要素を盛り込んでいるというのがMAX岩本先生の考え方ということだと存じます。


さて、


1秒スキャルFX実践トレード局面に置きましては、ちょうどトレンドが明確に出ていたポンドで、節目も明確にチャート上にございましたため、優位性の高い部分だけを抜き出せたという結果になったと存じます。
確率が見込めるという形状のところだけ、という感覚で自分なりに根拠を整理できた局面だけをトレードしていく、という自分の中のルールを今一度守れるようにと自戒しながらMAX岩本先生との対談を思い出しているところです。

高い山を見ると、いかに自分が小さいか、また気が付いたこの頃でございました。



では、この後もご一緒に慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。












同ジャンル関連ページ