Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)検証と手法の感想評価を率直に

【1月20日緊急告知】
フラッシュゾーンFX緊急復帰
【三冠達成!!】 Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)
当サイトでも短期間のご紹介にも関わらず激人気のプロトレード手法が学べるFX教材がこのほど2016年度版として緊急復帰です。



Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)検証と手法をネタバレと言いますか、ロジック的なところまでバラし過ぎた動画をアップしてしまいましたので、暴露しようと思ったわけではありませんが、検討素材として検証動画を感想レビューを率直に録画したので販売者様から怒られましたら、引っ込めようと思います(汗)


【三冠達成!!】⇒Flash Zone FX 当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。



Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)検証は先月からの検討事項でしたが、自分自身のトレードとFXツール系などの新登場したFX教材のレビューもあわただしく、今になってしまいました。

朝からずっとFlash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)メンバーサイトの動画を見ながら実際のチャートと付け合せて過去検証を行っていましたが、

Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の実践チャート形状は非常によくみられる形状で、独特な方法ではありながらも、なるほどこんな方法があったのかと、パソコンの前で「うーんっ」とうなりましたよ(笑)
fxash-zone-fx-kenshou 「FXのプロのトレード手法」というフレーズは心をクスぐられますよね、本音で。

さて、本日が日曜日なため過去検証で申しわけありませんが、実践をするにも、残りあと1週間しか募集期間がありません(汗)


チャートはポンド円をとりあえず広げて1時間足での検証動画をアップしましたが、率直にbuchujpのFlash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の手法に対する感想は、

①買いのみ 
②チャートの形を見つけるだけ
③逆張りの感じですがリスクは限定している
④利大が目指せる場面もある
⑤どの時間足も可能

という感じでして、②のチャートの形を見つけるだけというのは、正直に書きますと、シンプルな感じがしてそれがメリットでもありますが、デメリットと受け止めることも出来ます。


本日のFlash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)検証動画の最初の方のサイクルクローズ形状はチョット違うと指摘されるかもしれませんが、buchujpもまだ慣れていない為、見方については少しずつ修正して参ろうと存じます。
flash3
リアルで動く相場のチャート上で「形状判断」をする場合、止まっているチャートとは違い、難易度は多少違うということと、チャート形状は見るトレーダーの力量や主観で見え方も違って見える場合があるという所です。

自分は「メリット」である、と感じますが、その意味で、対象属性トレーダー様は「完全な初心者」ではなく、「完全」が取れた「FX初心者」様以上が望ましいのではという気は致します。

ただし、

手法としては体系化され明確なので、練習によりFlash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の鉄板形状を狙っていくことで、プロのトレーダー手法を自分の手法として身に着けていくのは可能だという印象です。


形状だけをみて判断する手法と言いますと、シンプルと感じるかも知れませんが、実はFlash Zone FXの会員ページの特典動画に、なぜこの形状なのか、その意味をしっかり説明されており、

この知識はbuchujpも本当に知りたかったことが語られておりました。 大勢の個人トレーダーがやられてしまう、逆に言いますと獲る側の戦略や考え、こっちの側になることが重要と、背中に寒気がするほど感じましたよ。具体的にはパニック相場の時などの内容と対処などです。
※動画のフラッシュゾーンを見つける形状で、3つ目に解説している形状は厳密にはフラッシュゾーン形状では無いかもしれませんが、詳しくは教材本編で勉強して頂ければと存じます。


【三冠達成!!】⇒Flash Zone FX 当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから



buchujpはこの場面の「具体性のある対処方法が欲しかった」というのが正直なところで、自分にとっては大変魅力のある方法であり、当サイトを継続的にご覧頂いている属性トレーダー様には推奨したいFX教材と評価させて頂きたいと存じます。


さて、
buchujp-trade 来週以降は超がつく重要な指標発表やらイベントがつながっていますが、
buchujpもトレードにプラスして、

こんな時期ですが今週は仲間との温泉と食いまくり呑みまくり旅行企画が今週ありまして、

久しぶりに目が回っています(爆)


では、急な値動きにも注意しながら、慎重に、来週もご一緒に頑張って参りましょう♪






PS.
Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の検証動画収録の時点での手法解釈がまだ未熟であったため、結果オーライの形状の所にもツールで測る作業をしていました。スンマソン。

その後も何度も会員ページでポール・ジモン先生の解説動画を繰り返し見ておりまして、
この手法の本質は「ショートカバー」にあると思います。 なので、パニック相場か、あるいはそれに近い意味での形状でサイクルクローズ形状の所を意識すれば、非常に勝率の高い形状の所がおのずと見つかるのではと存じます。

それこそ、ファンド的見方でして、一般個人トレーダーたちの、「逃げ惑う羊の群れ」をごっそりと回収していくようなイメージがこの手法を言い表す言葉として的を得ているのではという感じでしょうか。

ということで、自分の解釈の甘さがございましたので、追記させて頂きました。とても良い手法と教材です






PS.
Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)の実践検証トレードを追加いたしました。
⇒Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)1日だけの練習で早速実践検証トレードを実況動画収録の巻