TAMURA式で相場に対処するOne Minute’s FX(ワンミニFX)検証を今試す理由2016年度版

One Minute’s FX通称ワンミニFX検証レビュー動画です。現在の2016年相場でどうなるのか、ワンミニFXのメリットやデメリット、なぜ今また詳しく検証をしているのかという話題でございます。


※当サイトの動画の無断使用・シェアはお断りいたします。

⇒One Minute’s FX公式セールスサイトを見てみる
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)



恐らく今の時期、誰も「TAMURA式ワンミニツFX」の検証レビューなどしていないのではと思いますが、buchujpはあえて今ワンミニFXに注目している次第です。 理由はズバリ、今年の相場に非常に合っていて利益を狙えると感じるからですが、

one-mini01実はbuchujpは「ワンミニFX」を積極的には推奨していない立場をとっていましたが、現在の相場で常に、何がイチバン自分にとって相場から利益を抜き出す方法として有利なのかを日頃のトレードの合間にチェックしている次第で、

今年は自分のトレードスタイルが、やや中長期スパンのトレードで利大を目指しているスタイルになっている反面で、相場の値動きの大きな揺り動かしや、方向感の捉えきれない場面は、昨年度までの相場の感覚とはまた違い、自分の今年の相場攻略の課題としても研究しているところでございます。


毎年の相場に合わせてトレード手法の調整を検討するのはいつものことですが、今年は中長期スパンのトレードと、大切な証拠金を市場に突っ込んでいる時間はリスクでもありますから、短期トレードの両面で並行していこうという魂胆でございます。


例えば、1時間足~日足程度のチャートでポジションを保有していると同時に、「ワンミニFX」のトレードチャンスでは、細かく利益を獲っていく「半システム、半裁量」という、本来自分にとって頃合いの丁度良い好みのトレード手法を別で執行するという具合。
one-mini-2016.06.23 短い時間足で今年はなぜか、自分のテクニカル分析よりも価格が切り返す場所がズレることが昨年度よりも確率的に多いような気もしていたため、

仲間の専業トレーダーとbuchujpトレードルームで手法の談義をしていた所、「逆張りのロジックを検証して見ては」というハナシで盛り上がったということもキッカケになりまして、「TAMURA式ワンミニツFX」の再検証となった次第です。


one-mini02今まで、自分がワンミニFXを積極的に推奨してこなかった理由は、「マーチン的なトレード」だからでしたが、検証を続けておりますと、勝ちトレードを積み上げながら、途中マーチン的なトレードが多少含まれ、トータルで見ますと、短い時間で「TAMURA式ワンミニツFX」が自分にとってストレスが少ないトレードになっていると感じた次第です。


なので、
「TAMURA式One Minute’s FX」のデメリットは、そのマーチン的なトレード手法が場合によっては含まれるという所だと、自分は考えて参りましたが、これは「資金管理次第」ということになり、メリットに転換される所という理解に変化して参りました。

one-mini-sikinkanri実際、各トレーダー様ごとの証拠金のボリュームに合わせて、万一「TAMURA式ワンミニツFX」ロジックトレード時に不利な値動きとなった場合にヘッジするための「マーチン的手法」で資金調整をどうすれば良いかは、

エクセルで、ワンミニFX資金管理票が配布されており、ここに、自分の証拠金ボリュームに応じてロット調節などが一目でわかるように、自動計算されるようになっています。



「TAMURA式ワンミニツFX」のチャートは1分足ですが、これは極端な話、ローソク足では無くて、ラインチャートでも良かったイメージで、

ワンミニFX180常に動き続ける価格が、TAMURA氏が検証してルール化した、EMAラインに、一定の乖離幅を持たせたラインが並行するようになっており、この乖離に達した所で、カウンタートレードを行うシグナルサインが出るようになっています。

トレンド時でも、乖離が一定幅以上に達すると、乖離を埋めるため、また一定の割合を戻すという特徴を検証で体系化したルールにしたという感じでしょうか。


乖離が予想以上になった場合に、ポジションを追加する為、これを自分は、「ナンピン」ぽくて嫌っていたのですが、それを解決する為に、先ほどの資金管理計算シートがあり、検証してルール化している為、ナンピンでは無く、この場合はポジション追加ヘッジという部類に入るのかなと感じた次第です。





⇒One Minute’s FX公式セールスサイトを見てみる
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)




もう少し、困った場面のワンミニFX実践トレードを収録出来れば良かったですが、結果として1時間程度で3回のトレード、約40pipsで4万円ちょっとの利益確定ということになりました。

「TAMURA式ワンミニツFX」推奨の通貨ペアはポンドドルとユーロドルですが、ポンドドルが最もこのルールで良い結果になるようです。


また、この「TAMURA式ワンミニツFX」を効率的に使えそうだと思ったもう一つの理由として、海外FX口座のXMでの運用を開始したことで、レバレッジが最大888倍ということもあり、少額資金でも細かくロット分けして、FX初心者トレーダーでもリスクを下げてトレードが可能だと思った点もございます。


海外FX口座のXMを開設しているところの記事はコチラ
⇒■FX初心者にも分かりやすい海外FX口座XMを選んで「XM口座開設」をしてみた件と方法の巻
※新しいウィンドが隣に開きます



さて、いよいよ英国の欧州離脱を問う国民投票で世界中が注目するイベントでございますが、buchujpはとりあえず静観ししながらチャンスがあれば・・・という感じで慎重に参りたいと存じます。


FXでリターンを求める投資をするということは、考えてみますと、ある程度のリスクを取るという行為でもあると、ふと思いましたが、これを「運用」のレベルまで高める為、buchujpもご一緒に相場の対処について、引き続き研究検証して参りたいと思う次第です。


ではこの後も、ご一緒に慎重にチキンで頑張りましょう。







PS.イギリスの欧州離脱を理国民投票のスケジュールとリスクについて。
2016年6月23日の国民投票は日本時間のPM4:00-AM7:00で投票所での出口調査は終日行われないそうです。
2016年6月24日の日本時間AM9:30頃から結果が徐々に集計され、PM1:00頃には約半数の票が集計完了予定、
同日、日本時間のPM4:00頃には最終結果発表予定のスケジュールとなりそうです。


XMのイギリスの国民投票に関連するレバレッジ規制について
ご存知の通り欧州離脱の国民投票イベントを前に、市場の動きは非常に不透明なため、XMでは2016年6月23日よりレバレッジ規制がしかれます。
888:1までの最高レバレッジは、一時的に25:1~100:1に制限されるようです。
詳しくは会員サイトに記載されておりますが、この措置は撤回されるのは2016年6月27日の市場開始前となっています。




PS.ワンミニFXを更に有効に使いたいと研究中ですが、その一つの保護記事を解除中です↓
⇒■スキャルで稼ぎたい!「TAMURA式One Minute’s FX」と恋スキャFXの関係を使ってリスク選好の利益とリスクの件(保護記事)






※保護記事パス特典は恋スキャFXを既にお持ちの方でも、別教材等ご購入で対応いたします。
恋スキャFXは当サイトから450件超のお申込みを頂きました


管理人へ特典請求又はお問い合わせ ■この基本保護パスの対象商材:マエストロFX・テクニカル慶次・鉄板マスタートレンド・竹井佑介ネクストレベルFX・ほか専用保護記事の無い商材全て