「岡安盛男のFX 極」速報レビューbuchujp流相場を読むFX教材的評価とは

「岡安盛男のFX極」とはプロトレーダーの岡安盛男氏をこれまで、数々のFX専門書籍で知名度も高くご存知の方も多いと存じますが、活字だけではなく動画という手段を用いてFX教材としてリリースされたものでございます。

Buchujpも岡安盛男氏の執筆された書籍をいくつか持っていまして、今回の動画でのFX教材ということでしかも、教材の中では岡安盛男氏自身の実践トレードが豊富に盛り込まれているということで、購入しみた次第です。



岡安盛男のFX極公式販売ページ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか



岡安盛男のFX極 の教材としての印象としましては、FXのスクールイメージが強く感じられるFX動画教材で、

岡安盛男氏は自分も数冊著書を過去買い求めて持っていますがもともと銀行や投資会社側のプロの立場と、その後自身で独立されて個人としての立場両方で、何が違うかなどを自分の体験から、

個人トレーダーに必要なFXのチカラ「知識スキル」を書籍の何倍ものボリュームと内容でFX教材化されたという印象でございます。


購入者メンバーサイトでは、レッスンメニューは「基礎編」 、「応用編」に分かれ、さらに応用編の中では注文ロジック(トレード方法)と実践動画も格納されています。


さて、岡安盛男のFX極のセールスページを見ますと、ご自身のFXでの直近実績では、毎月約60万円ほどの利益と書かれていますが、

最近の数千万円から億単位での大きな利益でキャッチしようとするFX教材の類からみますと、やや物足りないと感じるかもしれません。


実は重要なのは、 buchujpもレッスン動画を見ながらすぐに気が付きましたが、岡安盛男氏は1日をかけて、ほとんどパソコンの前でトレードをしていないというところが重要ポイントで、

岡安盛男氏が今現在自分の中で、最も疲れずに安定して利益をFXで上げることができるトレード手法がこれでは無いかと自信を持っているとおっしゃっていましたが、イフダンOCO注文、OCO注文合わせた注文方法で、朝注文を入れてしまい後はロジックに任せるというイメージでしょうか、

このことにより、日中はテレビやラジオの出演、原稿の執筆や諸々の仕事を請け負いながら自分自身も単なるFXの評論家ではなく、

実際にトレードする実践プロトレーダーとして日々を送っているという極めて現実的で理想的なライフスタイルを実現させながらトレードができるというところが「岡安盛男のFX極」たるところだと思います。


FX初心者以前の、これからFXを始めようとする方にも入門イメージで学べる内容からスタート、これとよく似た競合FX教材に「マエストロFX」がございますが、「岡安盛男のFX極」は非常に内容がタイムリーな上、

例えば、基礎編にある「天井と底」というレッスン動画では

チャートフォーメーションのなかの「ヘッド&ショルダーや」その他のよくあるチャート形状を用いて、

トランプ大統領選の時に見られた典型チャートパターンやその理由についても事例を用いて説明されているところなどは、なるほどと腑に落ちました。






そういえば、

Buchujpの実践トレード録画の中でも最近、この「ヘッド&ショルダー」という、

チャートフォーメーションの典型形状でのリアルトレードを収録した場面がございますが、

この時のトレード検討に用いました「リターンムーブ」という現象局面でのエントリ戦略についてドンピシャの説明があり、極めて実践のチャートに起こりえるトレードパターン説明に感動しまた。


さて、岡安盛男のFX極みで紹介されているトレード方法は、スタイルとしては、「ゆったりデイトレードスタイル」というイメージでしょうか。

ロジックというよりは、基礎編からの学習を通して、適切な相場観を養いながら、実践ではその知識を使ったトレード戦略を考えていき、方針が決まったら、イフダン注文を入れて結果を待つというイメージでしょうか。

テクニカル分析は、5分足から1時間足を使いますが、エントリーのタイミングは5分足を使います。
トレードエントリーはロジックというより、「戦略」を考えるというイメージで、値動きを俯瞰視、抵抗や波形を見て、エントリー注文のレート、損切りと利食いのレートをなるべく値動きの中途半端なところを避け、プライスアクションのギリギリのところを見極めて、そこに指しておくという感じでございます。


ですので、例えば特殊なインジケータを使って、「ここにローソク足がふれたらエントリー」という手順のようなロジックがお好みのトレーダー様にはお勧めできません。


岡安盛男氏の実践トレード動画を拝見してますと、「このチャート傾向ですと市場は価格の下値を試したがることが多く、その場合にはしたの節目のレートあたりから、買いオーダーが並ぶことが多いんですね」という具合の説明をされていることからも、


チャートを見てテクニカル的に市場で何が起こっているのかというのをつかみながら戦略を練っていくというスタイルで、ここはさすがに銀行などにいたプロトレーダーからの目線の説明が入るところなど、相場感も身につけていくという教材スタンスが感じられます。


「この方式で行けば絶対に長くトレード続けていけば利益が積み上がる」と絶対的自信を見せる岡安盛男氏の説明の中には、トレード歴38年の経験から積み上げた、相場感や確率的な結果が期待できる基本手法と考え方であると感じさせます。


実践トレード動画を掲載しているFX教材も非常に最近では多いですが、「岡安盛男のFX極」の実践トレード動画レクチャーが格納されていて、興味深く感じたのが、相場の分析をした後のエントリーをしてから、トレードスタイルがデイトレでも翌日に持ち越しなることもあることから、

翌日にトレードの結果がどうなったかという検証と、また同時に新たなポジションを入れ、また翌日にそのトレードの検証と、トレード結果の分析と注意点などを実践の中から詳しく説明しているところが、非常に現実的に受け入れることができます。

何か、本当にFXスクールで合宿をしながらFXの実践について講義を受けているかのような感覚にさえなるところが自分は評価したいと存じます。




岡安盛男のFX極公式販売ページ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか




FX専門書籍が飛び出して、動画教材になった、そんな印象のあるFX教材でございました。












※保護記事パス特典は恋スキャFXを既にお持ちの方でも、別教材等ご購入で対応いたします。
恋スキャFXは当サイトから450件超のお申込みを頂きました


管理人へ特典請求又はお問い合わせ ■この基本保護パスの対象商材:マエストロFX・テクニカル慶次・鉄板マスタートレンド・竹井佑介ネクストレベルFX・ほか専用保護記事の無い商材全て