相場はどちらに動く?FX初心者脱出「恋スキャFX」を補うライマスと「岡安盛男のFX 極」実践動画の巻

「岡安盛男のFX 極」にハマっておりまして、自分のメイントレード手法の恋スキャFXやライマス、デイトレMAXなどにも相場分析に目線が少しずつ修正されてきたのかなと言う感じがしているところです。

表題の通り、恋スキャFXビクトリーDX完全版のロジック手法を軸に、安定化を目指して実践トレードでございます。


buchujp推奨.本気のFX勉強に推奨のライマスご案内
FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を2つ(ライマス申込み)
※当該教材は安いものではありませんが、「ライマス」は10回分割払いが使える為、「月謝感覚」での受講者が多いようです。

※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか2つ)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートプレゼント(設定動画付)





相変わらず北朝鮮のミサイルの問題など、地政学的リスクの他、諸々の問題によりチャートが汚かったり、ボラティリティが低すぎたりと、難しい相場と言えばそうなのですが、

buchujpのメインロジックにしている「恋スキャFXビクトリーDX完全版」も、教科書通りに頑なに実践するだけでなく、

現在の相場に合わせて他のロジックで相性の良い「FXライントレード・マスタースクール」のゾーンやレイヤー概念の他、デイトレMAXなどと整合する可能性も合わせてチャートを見てみますと、意外にトレード出来る場面はありそうです。


更に、ちょうど最新のFX教材でもある「岡安盛男のFX 極み」についても、相場の意思を判断していく裁量トレードについて繰り返し、教材の動画を見ていた所で、正直、他人様の実践トレード動画をこれほど繰り返して何度も見たことは今まで無いかもしれません。

岡安盛男のFX極公式販売ページ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか


チャートがキレイに示現してテクニカル的に判定しやすいものをまずは、いつも通り通貨ペアを比較、トレンドラインProでは、ポンドドルが値動きとチャートの形状がキレイであったため、これを選択。
buchujpはトレンドラインProは30分足で統一して見ていることが多く、6通貨から8通貨ペアに分割してマルチモニターの1面に必ず表示させて見ております。

久しぶりに、トレンドラインProについて、特徴をご説明しますと、buchujpが重視しているのは、まずはローソク足の並びはもちろんですが、なるべくヒゲ少ないローソク足がつながってチャート形成しているもの、

方向が分かりやすくなっているもの、この辺りは当たり前と存じますが、トレンドラインProの最大の特徴である、マルチタイムレベルで、トレンドラインを太さ別で方向を表しているところが重要です。

トレンドラインProは30分足に統一して全通貨ペアを見ていても、上位時間足の方向感や、強さはどうなっているか、というのを30分足チャートの中からも読み取れるようになっているのがミソです。

トレンドラインProに付きましては、ご興味のある方も多いと存じますので、下記リンクからどうぞ。
⇒トレンドラインPro公式サイト「FX初心者のこれからFX」特典付きリンク



さて本日のトレードロジックと手法でございますが、恋スキャFXビクトリーDX完全版と非常に相性の良い「FXライントレード・マスタースクール」を合わせたエントリー判断で、利益確定については、デイトレMAXの流儀を加えて少し利大をいやらしく目指したという内容でございました。
恋スキャFXビクトリーDXのロジックで解釈するには、すこし押しが深いかもしれませんが、買い圧力で上昇後のレンジでもあった為、「ライマスのゾーン」概念で抵抗帯を見立てまして、ゾーンの中ではポジション追加を準備するという戦略でございます。

これは良くあるパターンでございますが、ナンピンという感覚では無く、押し目を拾うため、どこまでの押しを許容してポジションを追加するか、というイメージで損切場所は絶対ずらさなければ戦略として有効な場面も多いのではと存じます。

動画でご覧の通り、利確設定はpivotR1のラインまでを引っ張る考えもございましたが、大事を取ってその手前にリミットを設定。

ポンドドルで約7時間のトレード、損益pips数は+33pips、損益金額は+35,972円となった次第です。



よく、FX教材アレもコレもは、宜しくないという記事を見かけますが、確かにそうかもしれませんが、buchujpは引出しが増えることは、デメリットよりもメリットが大きいと考えており、

自分が使える、または自分のトレードスタイルに加えたい部分を集めて、自身の定番トレード手法にまとめていくというのは、独学でFXトレードを勉強する個人トレーダーにとっては重要なのではと思っている次第です。


なので、buchujpの場合は、「buchujpカスタムチャート」という形で自分のまとめ手法になったといういきさつもございます。




さて、やっと長かった8月も終わりまして、9月スタートです。

FX専業トレーダーになってからは、世間様が休みの日というのはどうも苦手でございまして、

夏休みはどちらかと言えば、トレードルームにこもって、FXの検証や手法のアレンジを考えるという毎日でございました。

本日の動画の冒頭にもございましたが、

9月に入ってからやっと、家族を伴ってディズニーランドや小旅行でございました。
この間メールを頂いた方への返信が遅れましてご迷惑が掛かりましたが、返信は全て完了いたしました。


トレードルームにこもりますと、誰とも話さず無言で一日を過ごすということも有るため、仕事と考えてFXに取り組んでいるということだけで、それだけで人生の時間を埋めてしまうのはイカンなぁと、家族で遊びながらフと我に返りました。

自由な時間があるハズなのに、全然自由じゃないってことではないかと。


チョット話がはズレますが、東京ディズニーランドではスティッチというアニメの中のキャラクターが観客席の人と話して楽しませるというアトラクションがございまして、

ナント、最初にbuchujpが当てられてしまい、イジラレまくって観客の大爆笑の餌食となりました(汗)

スクリーンにbuchujpの変顔が大きく映し出されてしまい、buchujpの恥かしい極でございましたが、後で思い返すと、「リフレッシュってこういうことか」と改めて思った次第です。



さて、FXの便利なツールはしっかり使って効率をはかり、相場を見るスキルはしっかりと勉強しながら、今後も慎重にご一緒に相場を監視して参りたいと存じます。


では、この後もご一緒に頑張って参りましょう。








本日記事に出て参りました、FX教材やFXツールはコチラにもまとめてご覧いただけます

FX教材人気ランキング