FX初心者のこれからFX
*
保護パス解除中記事:ゴルスパFXで損小利大に逆らったトレードが有効な場面も

保護パス解除中記事:ゴルスパFXで損小利大に逆らったトレードが有効な場面も

(公開: 2012年11月21日)

ユーロドルの危険な値動きが何度かありましたね。

ところで、最近の記事で使用する実践トレード動画はゴルスパFXチャートを使用した動画が多かったので、「最近ゴルスパFXばかり使っているのですか?」というメールを頂いたり、「この数日ユーロドルなど明確なトレンドが出ていないので利益が出せません」というメールも本日頂きました。

buchujpとしては、ゴルスパFXチャートを日頃常に使っていますが、ゴルスパFXチャートを使っているからと言って、ゴルスパFXの基本ロジックしか使わないわけではなく、

恋スキャFXのFX-jin先生の教えやテイストをゴルスパFXトレードで実践したり、またマエストロFXの佐野裕先生の講義で話される内容の応用ゴルスパFXチャートの補助で実践トレードしてりしています。

先日ゴルスパFXで大負けしたというような記事をアップしていますが、ゴルスパFXのせいではありません(汗)

その辺の内容と、改善などについてbuchujp的見解で本日の昼ころからのトレード動画を収録しましたので、まずはご覧くだされ。

 
※当サイトオリジナル動画の転載はご遠慮くだされ
動画内でbuchujpが使用中のクリック証券FX口座はココですぞ


ギリシャ支援の話題などが出れば即、為替の値動きに大きく反応が見られますね。過剰なほどに。

今日もビビった場面がありますが、あまりにも動きが早い「行って来い」の値動きになり、ジジイの手が動かずポジションをホールドしていたら、あっという間に含み損⇒含み益 という動きになりまして、俯瞰的に見たときの値動きの方向は良かったらしく、利益となりました。

ジジイでよかった。(半分悲しいけど)



 

トレンドが出ていない時に損小利大を目指そうと思って、損切ばかりの損切貧乏路線をトレードしてしまう場合無いですか?

損小利大を目指そうとpips数を伸ばせるのは、トレンドが発生している時ですので、ましてやスキャルピングからデイトレの間くらいの短期売買を5分足チャートでしているわけですので、

こだわりすぎていますと、逆に含み損をあっという間に抱えてしまい、仕方なく損切りをしてしまうという場面もあるかと思います。

 

FX-jin先生がおっしゃっていましたが、「レンジとトレンドの境目がわかれば一生FXで生活が出来る」と昔言っていたことを思い出します。

その境目をインジケータを使って裁量である程度仕分けていくのが、恋スキャFXロジックの実は真髄ではないかと私は思っているのですが、

 

ゴルスパFXで考えた場合でもその辺は結局全く同じだということですよね。  トレンドが明確に出たことがわかれば、乗っかればいいだけですので、後は文字通り「損小利大」です

 

これを「レンジ相場」でやってしまうからゴルスパFXで負けが続くってことだけなのですが、せっかくゴルスパFXは精度の良いインジケータとラインを自動で引いてくれますので、

 

発想を柔らかくすれば、少ないpips数をサッと抜き取るだけならゴルスパFXユーザー様は案外容易で、5pipsや8pipsという数字でしたらゴルスパFXの裁量補助トレードで抜き出せる自信のある方多いと思います。

それは、トレンド発生時でも、レンジ相場の時でもです。

ならば、そこを狙い撃ちして勝率の自身のある場面を狙って数pipsを抜き出す戦略を立てるというのもありだとbuchujpは思うわけでございます。

その場面をロットを多くして、金額としてはまとまった利益を確保していくという発想。 これは、まさしく恋スキャFX的発想です

値動きの途中の少しだけを、サッと抜き取る代わりに、ロットとレバレッジの力で金額としての利益を獲得していくというわけです。

ゴルスパFXのチャートではレンジとトレンドの境目をインジケータと金のクモの糸である程度見分けることが出来ますが、別の角度で恋スキャFXロジックで見分けていくこともできるわけで、

別の見方をするこの二つの見方で、「レンジとトレンド」がわかれば、リスクのある場面は逃げておいて、利益を高確率で残せるのではということで、

 

buchujp流ゴルスパFXロジックはそのような発想を持ってトレードされますと、なかなか面白いトレードが出来るようになるかと、生意気ながら思っておりますする。

 

ということで、年末に向けてFXでお金稼いでおきましょっ♪(笑)

 

ではではっ

※この記事はゴルスパFX専用保護記事です。
一定期間保護記事パスワードを解除中でございます。

 

 

ゴールデンスパイダーFX販売ページこちらからご購入できます
ザ・ゴールデンスパイダーFX


同ジャンル関連ページ