FX個人トレーダーが戦う手法「恋スキャFX」実践生録画スキャルピングからデイトレも勝てる手法と形状を選びたい

9月の秋相場ですが、buchujpも日頃のトレードに戻っていまして日常トレードを録画しましたが、メインはやはり「恋スキャFX」「デイトレMAX」「FXライントレードマスタースクール」「平均足トレード」この4つの手法ミックスです。


⇒恋スキャFXビクトリーDX当サイト特典付きお申込みリンクはコチラから
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート差し上げています(設定動画付)

※保護記事は、その時々の情報シェアやbuchujpの気づいた勝ちパターン事例、裁量事例など、ささやかな情報をアップしています。
恋スキャFX当サイト特典付きボタン




個人トレーダーがFXで戦う手法は、プロトレーダーやディーラーとは違い、やはり限られた情報とトレード設備でトレードするわけですので、自分としてはファンダメンタルよりはテクニカルトレードをメインにやらざるを得ないのではという気がしています。


テクニカルでやる以上は、どれだけの根拠をチャートから「確認できるか」に掛かっていると存じますが、例えば安値でサポートされたかどうか、前日の価格の中心であるpivotが意識されたかなど、一つでも多くチェック項目を見て判断が出来れば、それだけ確率がアップするという具合でしょうか。

buchujpの場合は、超がつくほどチキンですので、ずらりと並べたチャートの中から、「勝てそうな」根拠が一つでも多く揃った、キレイなチャートを見つけてじっくりと分析していくというタイプでございます。

日常のトレードそのままの感じを本日は収録しましたが、1本目のトレードは恋スキャFXでスキャルピング的なトレードとなりました。
2015.10.9.koisca-scal
本日の見ていたドル円チャートはチャート形状が汚い状況でしたが、ボリンジャーバンドは横方向推移、ややスクイズ気味で、4本MAラインは辛うじて上方向のパーフェクトオーダー、期待値としてはロング方向ということもあり、

更にボリバン-2σ抵触場所に本日のpivotラインが重なっているということでロング執行。約30分ほどで逃げましたが、+8pipsでイグジット、その間見ていた豪ドル円がキレイに上昇トレンド形状になっていたため、

方針転換し、豪ドル円15分足での平均足トレードへシフトしました。

いつも、こんな感じです(笑) アブナい船にはいつまでも乗っていられないという・・

本日の最重要な点は、
「負けやすいチャートでの勝負は避けて勝ちやすいチャートを選んで乗り移る」という所でございます。 恐らく専業トレーダーの方で生活を継続している方はそれが出来ているというだけというシンプルな理由ではと思います。
私は気づくのに時間がかかりましたが、「恋スキャFX」からそれを学んだと思います。
2015.10.9.audyen-heikinasi
こちらは、平均足トレードのほか、デイトレMAX的な要素と、FXライントレードマスタースクール的な要素も含む、トレードでございました。

どこが天井で、どこが底かは正直分かりませんし、ピッタリ当て続けるのは不可能ですから、FX-jinさんから耳タコの、「途中を抜き出す」という意識を徹底しています。

もうチョット引っ張れたのに・・・は、

もっと早く決済の決断をしておけばよかった・・・

と同じことが言えますから(爆)



・恋スキャFX
・デイトレMAX
・FXライントレードマスタースクール


この3つの要素に「平均足トレード」を要素を加えたのがbuchujpカスタムチャートで、日頃のトレードで常に意識するロジックとチャート分析方法をまとめて現在このようなチャートになった次第です。


この3つのFX教材は、どれも「チャートの読み方」についての説明に踏み込んでいる教材ですので、最終的に裁量トレードのスキルを短期間で身に付けるという目標を持たれた場合、buchujpとしては非常に推奨したいと存じます。
buchujp-trade
さて、

9月相場は稼ぎ相場と言われますので、慎重さはそのままで、ぜひ頑張ってこの9月をものにしていきましょう♪

buchujpも勝てる通貨ペアを選んで、慎重にご一緒に勝ち逃げして参りたいと思います。




恋スキャFX当サイト特典付きボタン

スキャルピングもデイトレも今日からFXを勉強する方へは、まず「恋スキャFX」を推奨いたします
本日の要点でもある、「負けやすいチャートで勝負を避けて勝ちやすいチャートを選ぶ」というのは、活字で書いてあっても実践でそれが出来る方は少なく感じますが、自分も「ドンくさい奴」のため、なかなか聞かされているのに気が付くことが出来ませんでした。
プロトレーダーが良く言いう、勝てるチャートだけを選べば、ロジックはどのロジックでも勝てるというのは、そんなところにあるのではと存じます。