FX初心者のこれからFX
*
モントレFXで利益の追求検証buchujpレビューFX初心者脱出への拡張性の件

モントレFXで利益の追求検証buchujpレビューFX初心者脱出への拡張性の件

(公開: 2019年03月01日)

モンスター・トレンドゾーンFXのチャートの特徴を使いながら、FX初心者がスキルアップしていく過程で拡張性はどうなのか、そんな視点でbuchujp流にチャートに別ロジックなどブッ込みまして検証トレードレビュー動画をアップしました。


↓購入できます。募集開始
モンスター・トレンドゾーンFXbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■モンストシークレット特典ほか
【PDF1】月利300%突破へ!どんな動きにも瞬時に対応!
– レンジの悩みもすべて解消する万能ラインの引き方-

【PDF2】ローリスク・ハイリターンで5倍の私益!
– ここまで分かればプロレベル!万能ラインの引き方(応用編)-

【PDF3】相場の転換ポイントを見抜く!
– これが出たら大勝利の予感、爆益チャートパターン-

【動画】初月100万円を目指す!
 利益を2倍3倍と膨らませるエントリーテクニック




相場がよくわからなくて、チャート形状もいびつ、難しい相場だと感じていても、考えてみますと「強い通貨と弱い通貨」の組み合わせの通貨ペアを調べてみますと、やはりチャート形状はそれなりにきれいにトレンド形状を示現しているなぁと改めて感じた次第でした。

本日は、モントレFXでせっかくこのチャートの優れたトレンドゾーンを自動ペイントしてくれるという機能を使えば、モントレFXの基本トレード手法だけでなく、自分のトレードロジックやスキルの習得度合いに応じて、チャート上で展開拡張して行けまいかという考察動画でございます。

buchujpは1時間足トレーダーでそのスケールでの恋スキャFXロジックが自分のメイン手法のため、5分足でトレンドを判定してフォローするモントレFXの良さと、上位時間足の押し目や戻り売りの局面を1時間足恋スキャFXロジック合致の整合したところを局所的に狙ってポジション取り、

モントレFXのチャートシステムに乗っかって、利益をなるべく伸ばせないかという、

恋スキャFXロジックの利益幅を限定するデメリットと、相場のレンジや調整波動局面でモントレFXのペイント表示が短く交互に出てしまうデメリットを埋め合わせたいという、イヤラシイ魂胆でございました。
FXツールはやはり機械的に動くものでございますので、それを承知でメリットと特にデメリットの部分を理解して補助的に活用するもの、というのがbuchujpの考え方でございます。

が、

デメリットは別の手法やロジックとの組み合わせで解決できる場面もあり、例えば本日のように、恋スキャFXロジックで「レンジを短く利益を抜く手法」に「トレンドを確認して勢いが弱まるまで利を伸ばす」モントレFXのやり方を組み合わせて利益を稼ぐという、

モントレFXチャートの拡張性といいますか、このチャート上では様々なアイディアが、スキル向上過程で使い方が生まれてきても宜しいのではないか、そんな印象を持った次第でございます。

そのように考えますと、モントレFXチャートに、MAXジャッジメントなどの別教材のツールをブッ込んで、更に優位性を担保するというアイディアもあって良き! と思うのでございます。

これによって、

チャート形状の汚い、難しい通貨ペアを何時間も眺めて難解なテクニカル分析を続けるくらいなら、ハードルの下がった奇麗なチャート形状を示現している通貨ペアで、モントレFXのパフォーマンスが出せる方法を駆使したほうが、よほどFX初心者にも「稼ぐ」という目的を達成しやすいのではないか、そのための投資ではなかったかという気がいたします。


グローバルロイズ社からリリースされている人気FXツール教材、ドラストFXに続き、本日はモントレFXを取り上げてみましたが、個人的に好きなチャートシステムで、「2019年も使いたいFXツールランキング」の記事でも上位に挙げている記事をアップしていますが、自由度の高いFXツール、チャートシステムとして検討されている方の材料になれば幸いでございます。

では、3月本日からスタートです、
今月もご一緒に慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。



「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」











同ジャンル関連ページ