FX初心者のこれからFX
*
①ネオ・ジーニアスFXをbuchujpの理解で暴露初レビューと評価の件

①ネオ・ジーニアスFXをbuchujpの理解で暴露初レビューと評価の件

(公開: 2019年10月05日)

ネオ・ジーニアスFXとは何か、副題として未来がわかるようなことが書かれていますが、buchujpもその手法について早速検証とレビューをさせて頂きました。

ただし、初回のネオ・ジーニアスFX評価でございまして、今の段階では、教材内容についてbuchujp個人の解釈も含まれていることをご了承くださいませ。


↓購入できます。ご一緒に頑張りましょう
⇒ネオ・ジーニアスFXbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
特別特典のご案内
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートプレゼント(設定動画付)
■ネオ・ジーニアスFX特別特典について
特典1)「僕が相場の未来を見れるようになった”たった1つの理由”」
特典2)「僕が勝てるようになった3ステップの学習方法」
特典3)「これさえあれば勝ち続ける鉄板チャートパターン」



実はネオ・ジーニアスFXの教材の中には、ハーモニックパターン理論などの説明は無いのですが、個人的にはハーモニックパターンの概念の一部を用いて、オリジナルツール(スクリプト)を使った逆張りトレード手法になっているという感想を持っている次第です。

厳密なハーモニックパターンでは、数種類のパターンがあり、深く学べば複雑化するのですが、ネオ・ジーニアスFXでは、シンプルなパターンをABCDパターンとして説明されており、

また、相場環境認識やパターンの認識に個人差が出ないために、現在のチャート形状がパターンの条件に合っているかを簡単にスクリプトを使って調べられるようになっているところが教材としてハードルを下げているところではと存じます。

ネオ・ジーニアスFXの最初の基本ロジックはハーモニックパターンに該当するチャネルラインをスクリプトでチェックし、ABCDを認識出たら、「Dの着地点に価格が来るのを待ってエントリーする」という、

実践者ごとに再現性のバラツキが出にくいような提供の仕方になっていると思う次第です。

なので、

ここはハーモニックパターンなのだろう、という見方の間違いが起こりにくく、ネオ・ジーニアスFXの教材講義を学びながらチャートを見て練習していくと、最終的にはローソク足表示だけで相場環境認識も可能になるというのが、手法開発者である末永幸樹さんの考えなのだろうと解釈しているところです。

教材の中に、今のところこれが「ハーモニックパターン」理論だという詳細な説明は見つかりませんが、(どこかに書いてあったらすみません)末永幸樹さんのオリジナルな手法としてそのエッセンスを学ぶ教材なのだと考え、自分の知らなかった知識としても引出しに入れてまいりたいと思うところです。

なにより、他のロジックと合わせて、例えば転換点の可能性を考えるエビデンスの一つとしてネオ・ジーニアスFXのパターンを頭に入れておく、と言った実践で相場の先を予測する手段の一つとして価値はあるかも知れません。

さて、ネオ・ジーニアスFXのメリットとデメリットを考えてみますと

デメリット
・チャートパターンに当てはまる形状を探すため、複数通貨ペアを監視する必要がある
・チャートパターンは完全な形状ばかりではない
・手法は1時間4時間、日足のためデイトレードからスイングトレードのためデイトレーダーには向かない
・完全な逆張り的トレードなため、一定のリスクも許容する必要がある


メリット
・ハーモニックパターンを勉強する教材があまりなく、サポートが受けられる教材として良き
・相場の環境認識のためのツールとしても役に立つ
・パターン認識は人によって違うこともあるが、オリジナルツールで探すことが出来る
・慣れてくると裁量で相場の動きを見る目が広がる
・リスクリワードが大きいトレードが出来る
・ゆったりとしたエントリーチャンス待ちが出来る


こんなところが考えられるかもしれません。


あまりないタイプのFX手法教材のため、buchujpと同じく関心を寄せているトレーダー様も多いのではということで、本日はネオ・ジーニアスFXを取り上げてみました。


↓購入できます。ご一緒に頑張りましょう
⇒ネオ・ジーニアスFXbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ