「ゲイスキャFX」とは?buchujpも気になって仕方ない件(新発売速報)

ゲイスキャFXとはナニ? buchujpも気になって仕方なかったのですが、自分も会員登録をしたばかりで、レビュー動画公開前に取り急ぎご案内記事でございます。


ゲイトレーダーの、もってぃーさんリリースのスキャルピング手法ロジック教材であり、教材名こそ「ゲイスキャFX」とふざけたようなねーみんぐでございますが、

ロジックを補助するツールもついた、拡張性も感じられる王道的なトレンドフォロー型のスキャルピング手法教材と存じます。


buchujpは2月1日から3日間は東京出張のため、まだトレード動画収録できておらず申し訳ないのですが、ロジックとツールの検証はしており、
1分足スキャルピングと銘打ってはおりますけれど、上位時間足の1時間足、4時間足のトレンド推進波動を重視しており、それを1分足のローソク足ではなく、ラインチャートにしてグラフ化したようなイメージでのトレードによって、推進方向に徹底的に「乗る、出る」という作業を高い精度で再現させようとする本格的な内容になっていると感じられます。


最初は、「ローソク足を使わない」というところが引っかかっていましたが、ラインチャートにして相場環境認識をすることによるメリットも確かにあるなと感じる次第で、
例えば、1分足のローソク足の場合、1分という時間が決まるまで、ローソク足は形状は完成せず、上下に動きながら終値が決まるまでひげが付くのか、陽線か陰線かもわからないのですが、

この時、ローソク足の終値まで待って完成する前に、値動きの勢いにつられて思わずエントリーボタンを押してしまったというトレーダー様も多いのではないでしょうか。

buchujpも何度もございますし、今でもあります。


むしろ、値動きをラインで表しグラフのようにすることで、推進方向の流れをつかみながら、上位時間足の推進方向もチューニングされたMAを数本重ねることで方向マッチングしたときのみ、売買の目線をそろえて検討するというやり方は、FX初心者にとっても迷いが軽減される可能性を感じるところです。

スキャルピング手法のため、トレードチャンスも多く、その代わり利益幅もスキャル幅ではございますが、短い時間でトレンド方向へ確率の高い部分だけを抜き出して逃げる、という繰り返しは

FX初心者にとっても、スキャルピングの魅力を味わえる、ロジックの一つとして、もってぃーさんの「ゲイスキャFX」は理解のしやすさ、再現イメージともに、なかなか侮れないという印象でございました。

buchujpも早速ゲイスキャFXの実践レビュー動画をアップしたいと存じますが、まずは過去チャート検証から感じた感想を速報でご案内させていただきました。

難しい相場が続いておりますが、相場ツキに合わせて手法やロジックを検討するというのも相場対応範囲が広がって宜しいのではとも思った次第です。


buchujp自身は、スキャルピングで苦労したことがございますが、ラインチャートを使ったもってぃーさんのトレードアイディアはぜひ使ってみたいと思ったということを申し添えておきたいと存じます。



※buchujp特手別特典の②番目、もってぃーさんのマル秘リアルトレードは是非ご参考にしてみてくださいませ。

ゲイスキャFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
保護記事特典(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
【当サイト特別特典】
①「特別アタシの辛い過去、あんただけに話しちゃう!
 3つのダメンズトレード克服テクニック♥」

②「購入者さま限定公開!◯◯◯タイムはアタシのもの♥
 もってぃーマル秘リアルトレード動画!」

③「おブス相場なんて引っからないわよ!!
 アタシのトレード禁止相場を特別公開!」