イサムデルタFXの自動で引かれるトレンドラインを用いた手法とは2019年版buchujp流レビューの件

イサムデルタFXを久しぶりにbuchujp流でレビューしました。2019年版としていますが、トレード手法は王道的で目新しいものではありません。

しかし、なぜFX初心者を中心に支持されているかなど、イサムデルタFXをbuchujp実践レビューでございます。


イサムデルタFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
保護記事特典(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
更に、現在公式サイトでも豪華特典配布中


イサムデルタFXについては賛否あるかと存じますが、おそらくはセールスページが大げさということに起因するのではと存じます。

では、イサムデルタFX自体の内容はどうかといいますと、動画でもご紹介した通り、突拍子もない特殊なロジック手法ではなく、昔からある王道的なトレード手法で、

そのロジックに必要なトレンドラインだけを随時、自動的にラインを引いてくれるという工夫や、デルタEVといわれる2本のラインを用いた、ポジションの処理方法などにアイディアを盛り込んでいるという点、

それから、イサムデルタFX会員サイト内での相場攻略解説、ロジック手法の解説などを総合的に見ますと、FX教材としては体をなしているという一定の評価はできるのではと感じます。

特に、トレンドラインを用いる手法は裁量でも必須スキルとと考えますが、本日のbuchujp実践動画でポンド円チャートでは4時間足三角持ち合いブレイク、そして同方向へ15分足三角持ち合いをブレイクしたところでのエントリーサインは、

上位時間足から見たトレンドの方向へ逆らわず、推進方向が揃った局面を狙っていくという点で、イサムデルタFXのロジックに限らず、ほかのMT4チャートでもトレード検討やテクニカル分析に生きてくると見ることも出来そうです。
また、トレンドラインは、トレーダー様ごとに微妙に異なる場合もあり、これを客観的にシステムが自動でトレンドラインを描画してくれるという点では、FX初心者の段階でチャートに慣れていくというステップを踏む補助にもなると考えます。

有効性のあるトレンドラインから、有効性が失われたラインは自動で消去され、新しく引き直しされるという点でも、チャートを見て相場の方向感というものを養うという意味でもメリットがあるのかなと感じる次第。
ただし、セールスページの表現がやや大げさで、確かに矢印サインは出ますし、エントリーのポイントは教えてくれますが、buchujpの実践感覚では、やはり裁量ゼロですべて高い勝率を再現するというわけにはいかないと考えます。

裏返せば、イサムデルタFXのチャートシステムを見ながら、手法自体は王道的な方法論ですから、基本ロジックを練習しながら相場を見る目やスキルを養っていきつつ、FXの成績を底上げしていくFX教材であり、ツールなのかなという、解釈でこのイサムデルタFXを検討する材料とされるのが好ましいのではないかと思ったのが正直なところでございました。

使えるシーンは多いと感じますし、画一的にサインを出すだけのFXツールでもないことから、2019年も使い続けられるトレード手法とチャートシステムという評価はできるのではと存じます。

では、本日のポンド円につきましては、チャートポイントともいえる価格の節目にある局面で利確して逃げましたが、この後も慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。




イサムデルタFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
保護記事特典(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
更に、現在公式サイトでも豪華特典配布中