FX専業トレーダーbuchujpの「トレードルーム」新築引越し後も支えるツールを紹介します

FX専業トレーダーbuchujpの人生最大の買い物、新築フルオーダー住宅に引っ越してあっという間に半年が経ちました。  2022年度もラスト1ヶ月となり、 buchujpのトレードを支える重要なチャートシステム「トレンドラインPro2」を使って実践トレード収録と

buchujpのトレードルームから新築住宅の世の中をプチ探検してみる動画を収録アップいたしました。
「FX専業トレーダールーム」buchujp手法と新築引越し後は巣ごもり生活の巻


トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

FXで生計を立てる専業トレーダーであれば、おそらく誰でも自分にとって重要なツールやシステムを持っている方が多いのではないかと存じます。

Buchujpの場合2013年後半ごろから特に、もしかすると「トレードのほとんどは通貨ペアの選択の仕方で勝率も大半は決している」のではないかと考えるようになり、これを支えてくれたのがトレンドラインPro2というチャートシステムでございます。

トレンドラインPro2は約10年ほども使い続けておりますが、このチャートシステムはこれまで進化を続けており、少し大げさな言い方をすれば、専業トレーダー生活を続けるためトレード検討の効率化をトレンドラインPro2が支えてくれなければ、

現在のフルオーダー新築住宅など現実には難しかったのではないかとさえ思う次第でございます。

本日の動画ではbuchujpのトレードルームと寝室や、1fラウンジの様子なども含めまして、一日の生活をどのように過ごしているか、引っ越ししてから巣ごもり状況になっていることも想像に難しくないと存じますが、家の中を録画してみました。

ちょうど翌朝未明に日本対スペイン戦のサッカー中継もあることから、深夜も寝るか起きてるか悩み、トレンドラインPro2実践トレード状況も合わせて収録した次第です。

今日はドル円が売り込まれ特に最近強かったポンドは爆上げとなりましたが、その帰り道をポンド円でトレンドラインPro2チャートを眺めておりますと、足元一旦のショートが可能なチャート形状に見えたため、

エントリートリガーをポンド円5分足に落とし込みましてショート執行、約20分間の短期トレード+21.7pipsでリミットという、いつも通りBuchujpの基本スタイルである範囲切り取り方のトレード方法でございました。

ものすごく地味なトレードに見えると存じますが、トレンドラインPro2を使った上位足の動きと短期足のトレンド割れという、シンプルなエントリーチャンスは日常で起こる形状でもあり、

これを複数通貨ペアの中からすぐに見つけ出し、時間足を落としてもその時間スケールでのトレンドラインがすでに引かれてエントリーの検討を素早く行えるという事は、実はトレードを仕事にする面で非常に効率化の面でも判断をする上で助かっています。

さて、

初代のでトレンドラインPro名登場してすぐにbuchujpも採用致しましたが、2013年頃のアパート住まいの時、カウンターロジックを中心としたトレード手法でこのチャートシステムを使い倒していました

翌年2014年にトレードするためだけの賃貸マンションに移り、そこではトレンドラインProを使ったトレンドフォローロジックに自分のトレードスタイル手法を変えて利益追求をしていたというトレードスタイルの最も深く研究した時期でございます。

さらに、

翌年2015年に借家の一戸建てに引っ越して、トレンドラインProでの「カウンタートレードとトレンドフォロー両方」で、チャートの形状によって有利な局面を範囲切り取り方で利益を上げる現在のbuchujpスタイルが自分の中でヒットしたため過去最大の利益を達成。

今年2022年、遂に新築フルオーダー住宅へと一気に状況が変わっていった、そんな風に自分自身の過去の流れを整理してみた次第です。

昔からbuchujpのブログをご覧になっていた読者様は、その変化の様子を逐一ゆっくりとしたスピードで見ていたと存じますが、こうして振り返るとすごいスピードにも見えます。

もちろんこれまで様々なFX教材の内容をチェックしながら、自分に合うもの合わないもの、

実践で使えるものは引き出しに入れて、それとてトレンドラインPro2で複数通貨ペアを並べて最も条件の良いものを選び出すという重要な工程を効率よく行えたという点は、トレード手法を考える以前に利益を安定させるための実はいちばん大事な要素だったと言えるかもしれません。

ということで、 2022年も残り1ヶ月となりましたが、これまで地味でありながらも自分のトレードを支えたトレンドラインPro2を用いた実践トレードも含め少し整理をしながら本日のブログを書いてみた次第です。

誰でもいつからでもチャンスはあると自分が信じているため、もちろんいい時も悪い時もあるということを承知の上、今後もご一緒に慎重に頑張って参りましょう。

トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法






カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー