FXで利益を残せない最悪な理由をひっくり返せ「デイトレMAX」と平均足トレードロジックを実践検証の件

デイトレMAXのMAX岩本さんを有名雑誌「FX攻略.com」で以前から存じ上げていた、という方も多いのではないかと思いますが、FX書籍やFX専門誌の教科書的なチャートや説明を読んでも、実際の相場を見てトレードしようとすると、上手くいかない、というのがほぼ現実的だと思います。

MAX岩本さんの「FXを教えるプロ」としての、また私たちFXの勉強する側から見れば、理解させてくれる再現性を引き出すよう工夫されているのが、動画提供手法とFXの体型教材化した「デイトレMAX」だと感じます。

本日は内容は「デイトレMAX」の手法を自分の手法にプラスした平均足トレードとMAのDCトレードでしたよ(^_^;)

動画で実践中のDMM FXは初心者も専業トレーダーもお薦め 口座開設コチラから

MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)
————————————————————–
【追加特典】デイトレMAX特別特典を販売者様から直接頂きました。
・MAX岩本 リアルトレード動画
・3つのお題で語りつくす!~FX-Jin×MAX 岩本特別対談~
dey_tra_max_tokuten
—————————————————————
 

 

現在のbuchujpカスタムチャートのカタチに変化してきた経緯は、「デイトレMAX」を勉強してからの平均足と相場の捉え方をMAX岩本さん講義で何度も繰り返し動画を見ているうちに、「もっと再現性を高める工夫は出来ないか」と少しずつ現在の形になった次第です。

本日のドル円15分足チャートでは、4本のMAがデッドクロスしてパーフェクトオーダーが揃ったところで、ポジションエントリーというタイミングでございましたが、
day-tra-max-heikinasi-45pips
・まずは、上位時間足は下落基調、
・15分足チャートは平均足が赤色(ショート方向)示現、
・MAパーフェクトオーダー完成タイミング(この時上位足ではPオーダー継続中)ココ重要と存じます
・pivotoラインからの戻り売りが検討できないか
・損切りは浅く設定(リスクリワードは1:2以上を想定)
・決済はpivotサポートラインも検討に

 

このようなシンプルなテクニカル分析のプロセスでございました。

元になっているデイトレMAXトレード手法の考え方をアレンジしたような内容でございます。

 

buchujpの、「あるあるFXトレード」例ですが、もっと多いのは、今日はエントリーのポイントをpivoからの戻り売りを検討しましたが、

「恋スキャFXビクトリーDX」の条件合致からの合わせ技が、一番多い「あるあるトレードパターン」です。
こんな感じです。
koisca-heikinasi
このキャプチャの記事元→恋スキャFXビクトリーDXと平均足使った定番欲張りトレード手法専業トレーダーbuchujpの場合

 

 

自分の最愛のFX手法「恋スキャFX」がレンジロジックでございましたから、これに対して「トレンドロジック」を一つ完全に自分のモノにすれば、かなり多くの相場でトレード機会をお金に換えられるのではという、いやらしいFX魂で(笑)、レンジとトレンド両方を良いトコ取りしたいと改良してきたのが「buchujpカスタムチャート」でございました。

 

やはり、

buchujp-2015-trade-room290チャートの見るところが、シンプルであれば、複数の通貨ペアを同時にたくさんモニターに並べてのんびり監視していても、チャンスの場面や、また、

より確率の高いチャート形状を絞り込んで、検討するということも可能で利益を追求する効率も良くなるのではという、ある意味FXで生計を建てる為必死という言い方も出来ますが(笑)、

 

その意味で、デイトレMAX検証実践から、トレンドを捕まえる根拠や感覚を具体的に学べたのは、自分にとってFXスキルアップを大きく前に進めることが出来たのではという実感がございます。

 

MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます

 

 

さて、朝10時に目が覚めましてこの記事を書いている、午前10時半現在、チャートを開いてみてビビりました(汗)
2015_12_15_buchujp ゆうべ、決済したpivotサポート2ラインから大きく反発、デイトレMAX流に決済して良かったと胸をなでおろしながら、

決済する一本前のローソク足が長い長い、陰線ローソクになってpivotS2で止まった為、そこでは用心して決済するべきというポイントでもあったと思います。

これも、あるあるパターンかもしれません。

 

 

buchujp-ganbaru200ということで、今年もあと2週間ほど、12月の相場は無理しないのが鉄則と存じますが、

その分FXの検証作業や再度の勉強、自身のトレードの改善考察など、じっくりと時間を使ってまいりたいと思います。

 

 

では、この後も、ご一緒に慎重に相場監視して参りたいと存じます。

 

 

 

 

buchujp-room-benkyou
 

 

 

 

「FXの始め方」と手法や裁量の勉強方法や順序についてベストを考えてみる