トレンドラインPro(プロ)の実践検証トレードをお探しですか、実際のトレード動画をアップの件

トレンドラインProの実践検証レビューですが、いきなり本番という、いつも通り専業トレーダーbuchujpの無謀でチキンな実践トレードを収録しましたよ。

ゴールデンスパイダーFX(ゴルスパFX)と同じ? 何が違うのか? と最初は思いましたが、早速「トレンドラインPro」をメタトレーダーにインストールして、まずは使ってみました。


では、そのチキンさ加減が嫌になるような実践検証トレード動画をどうぞ



『トレンドラインpro』 MT4用トレンドライン自動描画インジケーター販売ページ
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)


いきなりの「トレンドラインPro」実践初トレードは、豪ドル米ドルの通貨ペア5分足を選択しました。 先月10月はこの通貨ペアをメインに調子が良かったのと、これまでの慣れた流れを見る為に、buchujp流のカスタムチャートも左側に参照しながらのトレードです。


トレンドラインProは通貨ペアも時間足も選ばず、どれでも使えるそうで、設定もインストーラーが付いていますから、例えばパソコンにメタトレーダーが複数入っている場合でも(buchujpは6つくらい入ってますぞ)、インストールしたいメタトレーダーを選択する画面が現れて、チェックを入れたらボタンを押してインストールするだけという簡単さです。


buchujpの場合は、いつもおなじみの3分割したチャートのメインの所を「トレンドラインPro」のチャートにしてみまして、自分の得意なテクニカル分析と併用してトレンドラインProの使い心地を試すことにしました。


結果としましては出来過ぎの+42pips利確となりましたが、たまたまこのような場面でトレード出来て、運も良かったのでしょう。

豪ドル米ドルはこの時4時間足チャートではボリンジャーバンドがスクイズしており、方向は下押しのダウントレンドが数日続いていたという形状、そのほかの時間足も重ねてある平均足は同色で下降方向を示しておりましたので、その意味でも

トレンドラインPro初トレードはbuchujpの見ていたラインをそのまま追いかけられたという面もあるかもしれません。

trendline_pro01
『トレンドラインpro』 MT4用トレンドライン自動描画インジケーター販売ページ
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)



トレンドラインProのエントリーチャンスとしましては実際は、動画の中で実践エントリーした場所よりも、次のもう少し下にある黄色いサポートラインの下抜けを確認してからのショートエントリーが安全な場所と思いますし、

スイング的にも(山と谷が小さく出来た波)、3つ目のスイングが出来て下降が始まった所、ここからでも十分な利益が獲れますし、安全なエントリーポイントだと思います。

新しく引かれたダウントレンドラインも点線から実践に変わり、あとはトレンドラインに沿って下落するのを見守り、トレンドラインをまたいで明確に超えたら利確という感じが本来のトレードだと思います。


ご覧のとおり「トレンドラインPro」のラインは分かりやすいように3種類の力のあるライン(上位の時間足チャートで引かれるラインが1枚のチャートに描画)が自動的に引かれて、世界中でどのラインが意識されているのかという部分に着目して工夫されたテクニカル戦略チャートです。

従いまして、機能しない、効果の無くなったラインは次々に自動消去されて、意識すべきラインがまとめられて整理されていくイメージでしょうか。



トレンドラインProのチャートには矢印サインが出ていますが、このサインはゴルスパFXの矢印サインが出るロジックとは別物です。

直近の安値、高値をブレイクしたところで矢印が出ますから、(ピンポーンとアラートが鳴るようです)、重要なラインを次にどこでブレイクしたらエントリーを始めるかという検討に使うという感じです。

矢印が出たらエントリーという使い方よりはテクニカル分析を始める合図のようなイメージで見るのが健全でしょう。



トレンドラインProは以上のようなイメージで使用する為、サインツールをお探しの方では無くて、「裁量トレード技術」を勉強されている方、ライントレードの補助としての使い方でトレンドラインProを使ってみたいという動機の方が、このチャートを使われるのが宜しいのではと思った次第でございます。


「勝たせてくれるチャート」では無くて、チャートからリスクを避けてチャンスのエントリー場所を読み取る、テクニカル分析の力を付ける補助として活用するツールとして捉えるという感じでしょうか。



でも、自分のどんな得意技のトレードロジックを持っていたとしても、チャートを読み解いていく力、裁量判断のスキルが乏しければ、せっかくのロジックも機能したりしなかったりと、適切な場所でのトレードが出来ないということもありますから、そういう意味で「トレンドラインPro」というチャートは力を付ける補助商材という感じがします。



また、ライントレードの手法にも色々ありますから、まずは正しくラインが引かれる「トレンドラインPro」のチャートを使って自分のライントレードの勝ちパターンを検証したり構築したりと、使い倒していくのが宜しいのではという感想です。





『トレンドラインpro』 MT4用トレンドライン自動描画インジケーター販売ページ
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用などいずれか)
プラス、当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)




では、今日から3連休ですが、家族行事の方や休息を楽しみにしていた方、またbuchujpのように過去のトレードの反省点を振り返ってじっくりと分析に時間を使うという方もいらっしゃると思いますが、



ぜひ、来週からも慎重に、ご一緒に楽しみながらトレードして参りましょう♪




PS.そういえば、今朝は毎月恒例の「一日参り」に行ってまいりましたよ。専業トレーダー様はゲンを担ぐ方も多く、buchujpも県内最高と言われる「パワースポット神社」にいつも通りのお参りです。

ちなみに、FX-jin先生と同じタイプのルチルパワーストーンを私も身に着けいてますが、イメージ的に近いものはコチラ

パワーストーン 金運を引き寄せる華僑の石「ルチルクォーツ」
気は心かもしれませぬが・・・
以外にも申込みが多いのもFX業界ならではなのでしょうか