億千万バイナリーの「ローソク足波動論」に注目してみたbuchujp検証と暴露レビュー動画の件

億千万バイナリーの一般募集開始でbuchujp個人としてはバイナリーはメイン手法ではありませんが、橋本純樹氏による「ローソク足波動論」に非常に関心を持っていたため、レビュー動画を収録してみた次第です。


購入できます↓一般募集スタート
億千万バイナリー
【buchujp特典】
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみの
buchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
1.講師の橋本が考える、勝てる鉄板ポイント5選!
2.講師の橋本による相場の振り返り分析動画!
3.講師の手法を最速でマスターするためのたった一つのテクニック


億千万バイナリーネタバレ暴露レビューのようになってしまいましたが、手法のエントリーに至るまでの7つのチェックポイントの一部は自主規制で割愛しております。

バイナリーという投資商品について賛否があることは承知しておりますが、もしも一定の勝率を継続できるようであれば、投資運用商品としては非常に魅力上がるのではとも考えている次第です。

FXトレードのようにリスクリワードという概念がないため、勝率ありきになってしまいますが、「ローソク足波動論」がベースとなっていることで、その可能性は非常に気になるところでございます。


購入者サイトでは、億千万バイナリーのエントリールールの動画解説に加え、トレードをしてはいけない念押しの解説もあることから、単純にこのローソク足波動論の確立を再現するべく淡々と、ルール通りに従って実践するのみという印象。

エントリーのみの局面選択となるため、決済についてはFXのように検討する必要がないため、極論すれば、勝率の確立を信じるしかないとも言えそうです。



そこで、
エントリーするためのルール条件を第三者も同様に再現可能かという点ですが、ポイントはやはり最初に「細かな波形のトレンド形状を見つけて正しくラインが引けるか」ということにつきそうです。

ローソク足の形状やトレンドを引くためのルールなどの理解はFX初心者にもハードルは高くないと個人的には感じますが、過去検証でトレンドを引くのと、リアルでローソク足が形成されていく過程でトレンドラインを引いてみるのとでは、もしかすると相場認識に個人差が出る可能性も否定できません。

本日の、億千万バイナリーのローソク足波動論をもとにレビューした動画では、そのことをなるべく加味して、「いつどの時点でトレンド認識ができてラインが引けそうか」ということをなるべく踏まえて検証してみたつもりですが、

ある程度の練習で身についていくものなのかなとも思う次第です。


億千万バイナリーについては、短期決着を好むトレーダー様やFXトレードとの比較で、性分や相性などがバイナリーに合うのではと思う方に向く教材という位置づけかなという感想を持った次第ですが、

「ローソク足波動論」自体は日ごろのFXトレードにも生かせる要素があるのではとbuchujpも考えておりまして、自分の持っているロジックや手法に加えることができないかと考えてみているところでございます。


さて、12月の相場は荒れ相場になることもあるといわれますが、この後もご一緒に慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。





購入できます↓一般募集スタート
億千万バイナリー
【buchujp特典】
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみの
buchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
1.講師の橋本が考える、勝てる鉄板ポイント5選!
2.講師の橋本による相場の振り返り分析動画!
3.講師の手法を最速でマスターするためのたった一つのテクニック