FX初心者のこれからFX
*
「1秒スキャルFX」で逆張りトレードもbuchujp的恋スキャFX融合と10月のアノマリーは?

「1秒スキャルFX」で逆張りトレードもbuchujp的恋スキャFX融合と10月のアノマリーは?

(公開: 2019年10月01日)

10月のアノマリーも気になりますが、秋は大相場ともよく言われる中、10月は過去には暴落も起こった時期として知られています。そんなチェックもしながらbuchujp的「1秒スキャルFX」で逆張りスキャルの恋スキャFX融合ケースを動画撮影しました。


↓購入できます。ご一緒に頑張りましょう
⇒恋スキャFXビクトリーDXbuchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
※特別な特典として、FX初心者様に特に必要なアレをサポートの援護になればと付けることにしています。
恋スキャFXビクトリーDX購入決済ページにてご確認くださいませ。

■恋スキャFXシークレット動画
その1『~日本人が陥りやすい 3つの罠と、その対処法~』
その2『~最短で稼げるトレーダーになるための 3つのコツ~』
その3『~自動売買で利益を上げる方法とは~』
FX-Jinの限定特典動画~恋スキャFX で利益を出し続けているトレーダーの特徴~

恋スキャFXbuchujp特典ページに掲載中



さて、当ブログから「1秒スキャルFX」と「恋スキャFX」をセットで申し込む方も実は多く、ちょうど機会もあったので、恋スキャFXを購入される動機について尋ねてみた次第です。

最も見たかったコンテンツは、恋スキャFXロジックだけでなく、会員ページのFX-jin応用講義動画にある、「ライントレード」「レイヤートレード」「ゾーントレード」の3つのタイトルで、この『相場の本質』を学んできましょう、というものでした。

動画をダウンロードしてスマホなどで動画を見ながら勉強されている方も多く、buchujpも日ごろ思うところですが、

ロジックを成功させるためには、機能する相場を発見するスキルを身に着けるべき、という部分に気が付かれていると存じます。

恋スキャFXを高勝率にするために長い時間足でのトレンド形状を認識できるところを探してロジックに当てはめる、そんな考え方とも言えますが、

これは裏返せば、トレンドの方向、相場環境認識を長い時間足から下位の短期足に落とし込んで形状を判断するということにもつながるため、

実は今日の動画のようなトレードはbuchujpはよくやるケースでございました。

本日の動画のように、buchujpも本来トレンドをフォローする「1秒スキャルFX」チャートで、恋スキャFXを重ねて環境認識の補助とする、ちょっと欲張った方法論へと応用してみた次第です。
一応、1秒スキャルFXのエントリーの形にもなっていますが、局所的に画面のところを見ますと、逆張りのような感じになります。

MAXジャッジメントでは、全ての時間軸でドル高ポンド安を示しているため、確率としては戻り形状を作っている可能性と、上位時間の1時間足では恋スキャFXロジック条件を満たす抜群の形状のため、

1秒スキャルFXチャート上での恋スキャFXロジックトレード執行も現実的なのではと、常々思っているところでもあります。
欲張りなように見えますが、実は1秒スキャルFXの5分足という短期足だけにとらわれないという副産物もございまして、1時間足から見れば、その下位時間足の内訳を詳細に知ることが出来るというメリットもあると考えます。

恐らくトレーダー様のスタイルにもよると存じますが、自分にはテクニカル分析のエビデンスを探るのに、役立っていると感じるし、やはりMAXジャッジメントでの通貨ペアの強弱を調べると同時に、上位時間足のチャートフォーメーションを認識しておくという、

ノートパソコンという1画面でのトレードの精度を上げることにもつながりそうなのではと想像する次第です。


さて、10月のアノマリーにも触れましたが、やはり過去の統計からも、過去には暴落相場もあったということで、どんな相場になりやすいかという傾向は抑えておこうと自分も考えている次第で、

急な変動には十分注視して、10月の相場も慎重にご一緒に慎重に相場を監視してまいりたいと存じます。


では、来月も宜しくお願い致します。




↓当サイト人気第一位FX教材 
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
■1秒スキャルFXシークレット特典ほか
レア1「年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは」
レア2「マックス岩本の2017年の相場解説と2018年の相場予測」
更に3「マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
更に4「マックス岩本が考える成長に必要な三大要素」









同ジャンル関連ページ