「新作トレンドラインPro2」ラインが分かるとFX初心者も利益の切り取り場所が見えるbuchujp実践トレードの件

新作トレンドラインPro2実践レビューbuchujp動画を前回UPしましたが、負けトレードの後、再度ライントレードの観点から形状とトレード条件の整ったポンド円でトレード収録しました。

ライントレードを検討する際のあるある形状で、三角持ち合いに見られる根拠と戦略について実践しながら検証も兼ねた次第です。


トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

当サイト特典付きリンクでございます。購入者の方は、マイページの「利用する」>「おまけダウンロード」からおまけファイルを入手いただけます。
buchujpオリジナルインジケータ「BI_Entry」特典提供紐づけリンクでございます。pivot特殊表示インジケータ追加しました。

本日もバージョンアップを果たした、新作トレンドラインPro2を用いたライントレードでございます。

チャート形状は長期足ではUPトレンドに見えている様子で、1時間足ではトレンド中に出来る三角持ち合いが形成されているように見えている状況。

トレンドがどのように引かれているかに敏感になって参りますと、更に見ている時間足チャートのスケールで、細かくラインが引けそうな形状、実際に自分でチャート上の支持点がいくつか経由できるラインを引いてみるなどやってみますと、足元のプライスアクション予測がより高精度になりそうです。

さらに、俯瞰視すると値動きが階層構造になっている「レイヤー形状」になっていることから、この三角持ち合いの中で利益を切り取る戦略を考察。

トレード戦略としては、三角持ち合いと認識した時点で、その持ち合いの中で、どこからどこまでを利益として狙う範囲とするのか、ここに注意して、

今日の場面では、手動でラインを追加したUPトレンドラインと本日のPivotラインの重合した場所までをリスクを取る範囲として、

上辺はトレンドラインPro2が自動で引いていたラインとして、サポートとからレジスタンスとして抵抗に合いそうな距離までを狙って後は逃げる、そんなトレードでございました。あるあるです。

実際、利益を確定した後のプライスアクションは下記の通りとなりました。

全くのローソク足だけのMT4でトレード検討した場合、FX初心者トレーダーの段階では、なかなか気が付かない局面かも知れませんが、

トレンドラインPro2が主要な意識するべきラインを自動で引いているため、現在の方向同意を掴みにくい相場では、利益の抜き出せそうな可能性のある場所を確率的に狙ってトレード検討するというのは現実的なのではとも感じる次第。

今日の相場局面では、足元見えている、三角持ち合いを抜けた方にブレイクするかもしれませんが、ブレイク後はまた別の戦略を組み立ててトレードすれば良いので、持ち合いの中を限りなく可能性、確率の高い範囲を抜き出そうという魂胆でございました。

また、今日は米国の、ADP雇用時計発表があったため、なんとか時間内にトレードが完了できて良かったですが、先月からの難しい相場を引き継いでいるようなこの頃ですので、

画一的なロジックだけに頼ったトレードでは、なかなか勝ちトレードを量産するのも難しいのではなかろうかと思うと同時に、

むしろ、相場の意思をラインから見ていく裁量の基本に戻って、トレンドラインPro2を眺めてみるのもリスクを避けて良い条件、形状を検討するのに役立つのではと思った今日でございました。

トレンドの方向感が見えてまいりましたら、そこからはトレンドラインPro2を見ながら、例えば1秒スキャルFXやドラストFXなどを用いた、ポジションを引っ張れる方法も試せる場面が訪れるのではと見ています。
FX入門にも「ドラストFX」ポジション引っ張れるロジックとドラゴンメーターとは

ちなみに、ポジションを引っ張るという面では、個人的にドラストFXが目印がわかりやすい分精神的に引っ張れるという感想を持っている次第。

では、この後もご一緒に慎重に相場を監視して参りましょう。

トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法

人気FX教材レビューカテゴリ一覧

カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー