ドル円今後どうなる?ビビりのスキャルピングを「平均足戻り売りあるある鉄板パターン」の巻

ドル円の下げがどこまで行くのか、あなたも気になっていることと思いますが、buchujpも今後のドル円がどうなるのか、誰かに聞いてみたいと思いつつ、「エコノミストの予測は9割当たっていなかった」と何かの雑誌で読んだことがあるため、

ならば、やはり相場に聞くしかないのかということで、トレード手法の鉄板形状パターンを獲っていく、いつものチキントレードを繰り返しているこの頃です。

デイトレMAXと平均足トレードを合体したパターンはトレンド時のbuchujpの定型パターンでございますが、チャート形状の美しい場面が現れましたので、早速トレード録画実況収録いたしました。


動画で実践中のDMM FXは初心者も専業トレーダーもお薦め 口座開設コチラから



MAX岩本「デイトレMAX」公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を1つ(基本的に恋スキャFX専用保護記事が当サイトのベースです)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか)
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント(設定動画付)
————————————————————–




スキャルピングが下手くそなbuchujpでございますが、自分の代表的な勝ちパターントレードの条件が揃ったところでは、5分足チャートでのトレードで結果としてスキャルのようになる場合もございます。

buchujpカスタムチャートを黒い以前のバージョンのイメージを追加いたしまして、4通貨ペアを眺めていた所、ドル円5分足で、

デイトレMAX的なロジック条件を満たしつつ、buchujp平均足ルールの条件も満たすイイ形状、とりわけ、戻りの深さが良い具合でしたので、戻ってきた足がカスタム平均足を下抜いた足からのショート執行でございました。
2016.04.07heikin-modoriuri
ビックリするほど単純なトレードルールでございますが、平均足戻り売りで非常によくみられる形状、上位時間足のトレンド方向も全て逆らっておらず、どの時間足もパーフェクトオーダー完成中ですので、

素直にトレンドに乗っかりまして、決済方法はデイトレMAX流としました。


今は、流れに逆らわずトレンド方向に乗っかるロジックを損切になるまで繰り返すようなイメージでも良いのかなと思いつつ、5分足から15分足までの短いチャートトレードでは、デイトレMAXベースのトレードが頻度が高く、

トレンドの踊り場に出来る「レンジ形状」では、推進方向にのみ「恋スキャFX」を執行するという繰り返しの4月でございます。


ちなみに、常時表示させているトレンドラインProチャート上ではこのようになっておりまして、
trand-line-pro-5min 自分のチキンさ加減が露呈しております(爆)


4月の為替アノマリーでは、「春の相場は天邪鬼」とタイトルしている専門書もございまして、どこかで方向性が変わる可能性を排除せず、自分のスタイルを崩さずに今月は臨もうと思っているところです。


さて、buchujpカスタムチャートに黒backバージョンを追加いたしまして、焦らずのんびり眺めております。 当サイト初期の頃のイメージですが、buchujp推奨のFX教材ロジックのイイとこ取りの工夫は常に研究中でございます。

最近は深夜のトレードは部屋を間接照明にしてチョット薄暗い感じにして音楽を聴きながら複数通貨ペアを監視していることが多く、そうしますと、白い背景のチャートがまぶしく、眼圧が上がると聞いたので、夜は黒バージョンで、まったり見ています。

宜しければ特典ページからダウンロードできますのでご活用いただければと存じます。




というわけでして、チャンスの所はしっかり利益を抜き出しながら、ご一緒にチキンハートで慎重に頑張って参りましょう。










PS.トレンドラインProについて
トレンドラインPro公式サイトへ特典付きでリンク

最新のトレンドラインProレビュー記事へリンク
カタチから入るFXも意外とイイ「トレンドラインPro」複数通貨ペア監視とレイヤーゾーントレードの巻