FX3月アノマリーは荒れ相場か?トレンドラインPro2で分析と1秒スキャルFXでbuchujp実践してみた結果

FXアノマリーでは3月が最も為替が動く相場と言われるようですが、FX初心者トレーダーさに置かれましてもチャンスとリスク表裏一体で、何か一つでもトレード根拠をエビデンスとして検討しておかないと心配な1ヶ月と言えるかも知れません。

本日のトレードは少し特殊なパターンでした。「トレンドラインPro2」で上位時間足の「形状」を見て本日限りの戦略を一旦方向目線を決めてトレード執行は「1秒スキャルFX」で行うという1日のトレードを実践収録してみた次第です。


トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

(専用Pivot特殊表示インジケータとBI_Entryを特典提供中です)

※pivotとBI_Entryは販売者側の公式特典ではありません。buchujpからの個人特典プレゼントでございます。誤解が起こっているケースがございましたので購入時の決済画面にて「特典が付いている表記」があるか確認していただけると幸いです。

3月第一週目は重要指標発表も多く、また企業会計決算など年度替わりのタイミングということで、様子見を決め込もうと思っていましたが、ADP雇用統計と米雇用統計の間の一日、トレードするなら今日しかないと思い、トレード収録日としました。

ただ、ドル円は107円に丁度乗せたところで、日経はやや下落、ポンドも高値圏推移とチャート上では何が起こるか分からないような不安な要素もありましたが、

本日だけの戦略で、ポンドドル4時間足をチェックしたところ、ちょうどキレイなサイクルクローズ形状なのでは?という疑いと昨日の長い陽線2本で戻していたため、

pivotR1アラウンド、この付近には1.4000ビッグラウンドナンバーも来ていることから、この付近までの戻しを狙うという戦略をとった次第です。

サイクルクローズというのは、以前販売終了になったFlash Zone FXという教材で学習したものですが、目立った押し目も作らずに上昇した後、下落でチャート形状が「A」の形になった局面というのがざっくりとした内容です。

ただし、どのような場面でこの形が出るか、そこが重要で「A」のボトムから一定幅下押ししてからの反発折り返しを確認してから「戻し」を一定幅狙うという方法論です。

詳細は割愛しますが、4時間足でこれに似た形状が出来ていることを確認していたため、戻し幅も1.40ラウンドナンバー付近まで相当なpips幅がございましたので、

5分足に落として「1秒スキャルFX」を用いたロング方向戦略であったというのが今日のトレードでございました。

後でチャートを見てみると、俯瞰的にはワイドなレンジになっていますが、3月のアノマリーも含めて荒れ相場になる可能性も疑いながら慎重に狙う幅をいくつかのシナリオを検討しつつトレードをと考えている次第です。

FX初心者トレーダー様が急増している昨今では、個人的には「トレンドラインPro2」をベースに戦略検討、そこに相場に適したロジックを当てはめてトレードする、というイメージの取り組みは毎月相場の様相が変化する中で対応していくうえでおすすめといえるかも知れません。

本日の執行ロジックは個人的に最もよく使用する1秒スキャルFXでございましたが、現実に見ているチャートの形状と、MAXジャッジメントでの通貨ペア強弱都の整合を確認できたり、

また、エントリーの入り口と出口の検討もはかどることから、組み合わせとしても相性は宜しいといえるかも知れません。

↓当サイト人気のFX教材 
「1秒スキャルFX」buchujp特典付きお申込みリンクはコチラ
※当サイト保護記事ほか、実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレートをプレゼントほか
◆buchujp「BI_Entry」をご提供決定 期間限定の配布制限付き特典です

今週はこれ以降ノートレードとしたいと存じますが、
来週からもご一緒に慎重に相場を監視して参りたいと存じます。

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法

人気FX教材レビューカテゴリ一覧

カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー