「50代の待つFX」トレンドラインPro2最新を用いたFX初心者もテクニカル考察の巻

buchujpのFXを学ぶ1番最初のきっかけはスキャルピングトレードロジック手法を説いたFX教材でございましたが、勝率や利益が上がる実感が感じられるように気になったのは、ライントレード手法をその後学んでテクニカル分析に特に関心を持つになってからと存じます。

特殊なロジックやトレードルールの場合、チャートの局所的な形状を見た条件を満たしているかをエントリートリガーとする場合が多いと存じますが、

そもそも考えてみますと、客観的に市場参加者が何を意識しているかと考えてみますと、やはり共通の物差しでチャートを見る目が必要になってくるのではと感じる次第です。その一つがトレンドラインPro2という位置づけと考えている次第です。


トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

チャートをどのように見るか、ラインをどこに聞いて現在どのようなチャートパターンが形成されているかなど、トレーダーごとに必ず個人差が出てくるものと存じますが、

本日の方事情については動画の中で、三尊チャートパターンかあるいは、ダブルボトムか、そんな風にもチャートを見ておりますが、それはともかくチャートパターンであればネックライン、

あるいはサポートレジスタンスのラインが共通認識としてラインが引ける価格水準が見えるかどうか、そんなところに着目してトレード戦略を立ててみた次第でございますです

ですので大雑把に言ってしまえば、このチャート形状が三尊に見えるかどうかが重要ではなく、「確認された傾向帯域」と認識して良いのかどうなのか、そこを自分自身は注意を払っている次第です。

さて、そのようなラインやチャートポイントを複数通貨ペアでまとめて監視するとなりますと、これまた大変なことではありますが、それこそがトレンドラインPro2来の最大のメリットの1つと言えるかも知れません。

チャート上にラインを引くという作業は、刻一刻と変化する市場の状況に合わせて「ラインの引き直し」という作業もどうしても必要になります。

サポートレジスタンスについては概ね水準が大きくブレたりするということは少ないですが、トレンドラインについては売買の圧力の強さによってラインを割り込んだにサポートされたりする山谷の深さが変化するため、

支持点が増えつつあるトレンドラインについては効果が確認されているという認識も成り立ちますが、一旦割り込めば有効性が失われた可能性も考えながら引き直しを検討するといった具合で時間の経過とともに見直す必要がございます。

これを「トレンドラインPro2」が自動で常に客観的ラインを修正しながら引き続けてくれるというのは、おそらく多くのライントレード手法を勉強するトレーダー様にとってメリットのあるチャートシステムといっても言い過ぎではないのではと個人的に思う次第。

複数通貨ペア同時監視でこの作業を自動で作業し続けてくれるため、変化し続けるチャート形状の中から、形が見えてきたものを注目しどんな可能性が考えられるが検討してみるという作業工程の効率を大幅にアップさせられると考えます。

また、もう1つのトレンドラインPro2メリットとして、どうしてもラインを引くという行為が主観的であるため、客観的なラインを見せてくれるという点もbuchujp自身は主観に囚われすぎてしまう自分自身の弱点を補うのにもひと役買っていると感じます。

ただ全くトレンドラインPro2にデメリットがないわけでもありません。

やはり機械的にチャートを判断するため、自動で引くラインすべてが必ずしも正解とは限りませんから、深く検討を進める場合には自分自身である程度修正を加えてみたり、ラインの再検討をしてみたりという認識の微調整は必要と存じます。

ただbuchujpは初代のトレンドラインproから10年ほど使い続けているため、複数の通貨ペアを同時に大雑把なテクニカル分析を更新しながら監視するのに非常に重宝している次第です。

そしてもう一つ、

エントリーチャンスを逃さないという意味合いだけでなく、価格の推進方向に可視化された抵抗ラインとして見えているため、エントリーのチャンスに見えていてもリスクも同時に存在する事が認識でき、

「不用意なトレードを思いとどまる」という自分にとって最も重要かもしれないメンタルの部分にもメリットを感じる次第です。

すべてがメリットばかりとは言えませんが、トレーダーの使い方次第でロジックの精度向上や単一の通貨ペア監視から複数通貨ペアの監視へと広げる補助ツールとしても様々な使い方が広がるため、長期にわたって使い続けられる数少ないFXツールの1つと考えます。

トレーダー様の使い方次第というところはもちろんございますが、便利に使えるFXツールということで本日は取り上げてみた次第です。

自分自身のトレードスタイル確立にも役立つようであれば幸いでございます。

トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法






カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー