チャートフォーメーションも信頼できますが平均足トレードを重ねてトレンド方向に逆らわないチキンの巻

ボラティリティが低ければトレードして得られる値幅も狭く、大きく利益を望めないだろうと考えるより、FX-jin先生は「資金効率の良いトレードを目指す」という考え方もおっしゃっておりまして、例えば恋スキャFXのトレード手法も大きなpips数を狙うということより、確率の高いところをロット調節にて利益金額を狙っていくという、実践的な発想です。

ドル円が101円から103円程度のレンジになっているとはいえ、例えば本日のユーロドルでは1日当たりのボラが低下していても値動きに方向が見える場面は必ずございますし、その意味で、buchujpもおなじみbuchujpカスタムチャートにて平均足と複数の時間足参照という、いつもの参照方法でのトレードが、最近のパターンです。


■本気でFXを勉強したいトレーダー様へbuchujpが今一番推奨したい本気のFX学習教材
FXライントレードマスタースクール公式サイトへbuchujp特典付きで飛びます
保護記事特典を2つ(ライマス申込み)
※当サイト特典リンク(専用保護記事:恋スキャFX用、ゴルスパFX用、マナブ式FX用、激スキャFX用、FX革命用いずれか2つ)
当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートテンプレート(設定動画付)
※本日の動画のカスタムチャートはデイトレMAXチャートと重ねており、buchujpチャートは矢印は表示されません




念のため、本日のトレード手法は、buchujpカスタムチャートに重ねてある平均足を参照しておりますが、buchujp平均足トレードロジックではありません。

3つのタイムフレームで確認出来ている、下降途中のペナントような形、または動画の最初の部分、サポート支持点が2点出来た時点での「レイヤー」とも言いかえることが出来るかも知れませんが、下抜けからのショート戦略という、よくある普通のトレードでございました(汗)


FX初心者でも方向感をつかみやすい「平均足」を重ねて通常のローソク足と両方を見ていくことで、平均足ではつかめない「レイヤー」と平均足の得意とする「トレンド方向確認」とで、

低いボラティリティでもとりあえず方向はショート方向と確認が取れているため、下抜けを待つのんびりトレード待機でございました。
heikinasi_buchujp_trade

当サイトからFX教材をお申込みいただいた全ての方へダウンロードできるようにしているbuchujpカスタムチャートの使い道についてご質問が増えて参りましたので、本日はチャートフォーメーションとbuchujpカスタムチャートを使ったチキントレード事例について実践トレード動画を収録した次第です。

やはり、


room_tradトレンドの値動きの方向、価格の節目や抵抗のライン、そしてレイヤー、

あとは、あなたの得意とするロジックやチャートフォーメーションなどの実践トレード手法が加われば、確率を1%でも向上させられるのではないか、コレだけでございます。



低ボラではありますが、「利益の取れるところ」は必ず存在しているはずですので、ぜひ焦らず「チャンスを待つ」というチキンさでご一緒に慎重にこの後もトレードして参りたいと思います。



では、今月もあと少し、頑張って乗り切りませう!



■追記:よくあるお問合せで、
ゴールデンスパイダーFX(ゴルスパFX)のカスタムチャートによく似た形で重ねて表示させているテクニカルがありますが、これは平均足的なものでは無く、マナブ式FXで使われていたTHVシステムをマネてイチモクをカスタムしたものを表示させています。

ゴールデンスパイダーFX専用のbuchujpカスタムチャートの実践使用例動画はコチラ↓

※ゴールデンスパイダーFXカスタムチャートで指標発表攻略失敗だけど成功?(笑)
ユーロドル通貨ペアを中心に現在もbuchujp使用中

⇒ゴールデンスパイダーFX(当サイト特典付きリンク)で公式セールスサイトを見る







■buchujpおすすめ(FX-jin先生のFX攻略講座動画配信・無料登録です)

>>FXを始める前に理解しておくべき内容がFX-jin先生の無料講座動画で<<