FX入門チャートなら「ドラストFX」と言っても自分ルールが重要とbuchujpあるあるの巻

FX初心者入門チャートシステムとして「ドラストFX」はbuchujpも推奨するところでございますが、入門と言っても基本ルールを学びながら、更にテクニカルを学習過程で、ぜひ「トレードの自分ルール」を徐々に加えていきたいところです。

ドラゴン・ストラテジーFXを購入して長く使っているトレーダーの多くは恐らく自分ルールや独自のテクニカル分析を参考にドラストFXを拡張して使用していると存じます。

本日は、その「ドラゴン・ストラテジーFX」をbuchujp自分ルールを徹底してトレード実践収録のつもりでございましたが・・・


⇒ドラゴン・ストラテジーFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
◆2020年5月より特典企画
buchujp「BI_Entry」インジケータをご提供決定 配布制限付き特典です

—————————————
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
———————————
▼「利益率の高い矢印を見分ける方法」動画
▼ドラスト特別特典追加!利益率3倍!勝率99%のドラストVictoryサインを見抜く方法
▼「1トレードで20万円稼ぐコツ」動画
▼ドラゴン・ストラテジーFX高勝率なエントリー方法PDF
▼「プロトレーダーだけが知っている大トレンド発生の前兆」PDF
——————————————-

ドラゴン・ストラテジーFXを使ってトレードをする最大のメリットは、エントリー場所となる「トリガー」が発見しやすくわかりやすいというところと、決済場所の判断がしやすいようドラゴンバンドとドラゴンメーターが備わり、FX初心者でもトレードシナリオが立てられやすい所と存じます。

今日のトレード場面は、当buchujpブログからも独自特典提供している、「勝率の高い矢印を見分ける方法」や補足的に更に特典提供している「ドラゴン・ストラテジーFX高勝率なエントリー方法」に近い場面でございました。

ドラストFXの基本ルールはシンプルですので、FXの勉強が必要ないほどですが、より本格的に利益を追求する場合、テクニカル分析なども並行して勉強しながらドラストFXを拡張したいと思うトレーダー様も多いはず。

エントリートリガーとなる場所についてはドラストFXは自動で出るサインも精度が高いと存じますが、工夫したいのは決済場所でございます。

多くの専業トレーダーが、エントリーよりも決済が難しいとよく言いますが、自分もそう考えます。

その点で、ドラゴン・ストラテジーFXの決済判断ルールは優秀な仕組みになっていると言っても差し支えないと思いますが、なにぶんにも相場のことです。

buchujpの場合は、ドラストFXの基本の利食いルール以外に、自分ルールをいくつか設けており、そのためにpivotインジケータと、1時間足ボリンジャーバンドを強制表示させる仕様にしてドラストFXチャートを見ております。

動画の中でご紹介した通り、今日のチャート形状では、よくあるFXの利食い場所として「前回高値」をターゲットにする方法がありますが、ドラゴンメーターにモメンタムが継続確認できている場合、pivotラインをターゲットにする場合もあります。

しかし今日のトレードでは距離が遠すぎたため、もう一つの自分ルールとして「ボリンジャーバンドのファーストタッチを逃げ場にする」という方法を取りました。

東京市場の時間帯ということで勢いづく時間帯でもないため、更に1時間ボリンジャーバンドの1回目のタッチ後はいったん押し戻されて揉んだりすることが多く、長時間のポジション保有に付き合わされるのであれば、一度利益を確保して、

以降のロンドンタイムやニューヨークタイムから条件が合えば入りなおすという、ワントレード完結というスタイルが本来のbuchujpスタイルと言いますか、性格上落ち着けるからでございます。

さて、

もう一つの重要点ですが、最初に建てたトレード戦略で、エントリー後にストップ場所と、利確場所を設定したら、後は基本的に動かさないようにする、という自分ルールが自分もございますが、

これは過去の経験上、ストップも利確場所も動かして後でロクなことが無いことの方が多いと感じているからでございます。

本来は、その都度トレードを完結させてトレードを終わらせたら、次のトレードはまた別の判断でもう一度じっくり分析するというやり方をした方が、足元をすくわれずに済むということが多いような気がいたします。

ただ、今日はそれを覚悟で、最初に決めたリミット場所を一旦キャンセルした次第ですが、これはドラストFXのドラゴンメータにモメンタムがあったからです。

そこで、もう一つの自分ルールの利確ポイントは、強制表示している1時間足ボリンジャーバンドの1回目のタッチで逃げるという方法を取りました。

後で見てみると、上記のキャプチャーの通り、やはり一度押し戻されて2時間以上揉んだ状態になっています。

結果的に、再度エントリーサインが出たところからロングを入りなおすということが出来、ドラストFXの基本ルール拡張と自分ルール合体がうまくいったような感じになりました。

FX初心者トレーダーだとしても、自分ルールを見つけていく作業は、より利益を確保して行くことになると存じますし、そのためにも、特にBI_Entryは自分のトレード軌跡を描画して残してくれますので、お役立ていただければ幸いです。

では、この後もご一緒に慎重に相場を監視して参りたいと存じます。

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法

人気FX教材レビューカテゴリ一覧

カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー