50代のFXどうしても負けたくない「ドラストFX」チキントレードbuchujp実践レビューの件

50代のFXシリーズに最近はなってまいりましたが、どうしても負けられない明確な経済事情のbuchujpとしましては、本日は「ドラストFX」での実践チキントレードレビュー動画となりました。

しかも、本日はちょいとイレギュラーな2連戦となり東京市場、ロンドン市場への突入時間でのエントリー見方の部分をご覧いただければと存じます。


⇒ドラゴン・ストラテジーFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
◆2020年5月より特典企画
buchujp「BI_Entry」インジケータをご提供決定 配布制限付き特典です

————————————————————–
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
—————————————-
▼「利益率の高い矢印を見分ける方法」動画
▼ドラゴン・ストラテジーFX高勝率なエントリー方法PDF
▼「プロトレーダーだけが知っている大トレンド発生の前兆」PDF
【2017.10.16追加スペシャル特典buchujpサイト用】
「知ってるだけで100pips超えの瞬間利益!」
—————————————-

朝早くからチャートの分析をしており、FOMC後の強いドルと弱含んでいるオージーで、戻り売りのポイントを模索していた次第です。

FX初心者さまがFX手法やFX教材、チャートシステムに求めるものは、恐らく「エントリーの場所が明確」に分かる、そして最も重要なのが「決済はどこでするか?損切場所と利益確定場所が明確であること」が最も知りたいことでは無いかと存じます。

トレードのスタイルや考え方にもよりますが、常に不確実な動きをする相場ですから、教科書に書いてあるようなキレイな形状がいつも訪れるとは限らないため、

リアルで相場を見ていますと、「今エントリーしてよいものか?」と常に迷うのが普通だと存じます。

その点も踏まえ、トレードの場所が理解しやすいドラストFXを今日は引っ張り出しており、buchujpも現在も使用する方法の一つでございます。

いつも通りトレンドラインPro2で複数通貨ペアを監視しておりましたが、波形を描きながらキレイにダウントレンド形状になっているオージードルの下落の強さで、トレンドラインPro2チャート上でライントレードとしての折り返しポイントをいくつか考えておりまして、

戻りの勢いは弱く、本日は「ドラストFX」のロジックを使うことで、自分のテクニカル分析とドラストFXのルールにある程度整合するところに折り合いをつけてショートエントリーとした次第です。

そこでトレンドラインPro2とドラストFX両方並べて東京市場の時間帯はポジションを引っ張らずにスキャルピング的なイメージのトレードを考えておりましたが、後で見るととりあえず結果オーライという感じでございました。

トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

※buchujpオリジナルBI_EntryとオリジナルPivotインジケータ特典紐づけリンクです。

先日から何度も触れていますが、実は新築注文住宅を建設中のため、現場とトレードルームを行ったり来たりしているため、この頃は時間的制約の中でトレードしてることもあり、このようなトレードになった次第です。

しかし、

2時間ほどして戻ってきましたらオージードルの形状が非常に良い形に!

トレンドラインPro2オージードル1時間足では、ダウントレンド中によくできるフラッグ形状から前回安値をした抜いて新安値を付けた状態

ドラストFXチャート上ではショートサインも出ており、ドラゴンメーターでも非常に下落のモメンタムが強いことを示唆しており、価格はドラゴンバンドの外へ飛び出しかかっている形状でございました。

急いでチャートの前に座りまして、ドラストFXチャート上にて改めてショートエントリーとなった次第です。

オージードル日足チャートでは、俯瞰して見るとビッグラウンドナンバーの大きな節目を2回目のトライという形状になっており、チキントレーダーのbuchujpとしましては念のため節目アラウンドのポジション保有は避けましたが、

この節目を抜けるとさらに下押しする可能性もあり、とりあえずは東京市場のトレード、そしてロンドン市場突入タイミングでのトレード、後はニューヨーク市場に入るタイミングで引き続きショート攻めを行うか、分割して戦略を考える方がいつもの自分スタイルであると自覚しているため手堅く利益を確定させたという結果でございました。

おそらくスイングトレーダーやポジション保有の長いタイプのデイトレーダーであれば利益幅を引っ張って利益追求というスタイルの方も多いと存じますが、

そこはやはり50代のFXトレーダーシリーズbuchujpとしましては、どうしても負けたくない事情も手伝って、市場ごとに分割して、トレンドが伸びても分割して利益を確定させていくという自分スタイルを守ったと言えば聞こえが良いですが、要はチキンということでございます。

さてFX初心者トレーダー様にも人気のドラストFXは長期ヒット中ですが、buchujp個人的にも現在もちょいちょい使うことがあり本日もナゼ、ドラストFXを用いたトレードを実践したかと言う理由を説明しております。

FX初心者目線で考えますと、やはりテクニカル分析がイージーであること、エントリーの場所と何より利益確定の場所や判断材料がわかりやすいということが挙げられると存じます。

ただし、

ドラストFXに限った話ではございませんが、FX教材やロジックを学んですべてを指導通りのルールに従ってトレードするのではなく、

やはりチャートの値動きの進行方向にレジスタンスやサポートとなり得る節目があるかなど、本日の場合では0.70のビッグラウンドナンバーという節目があったためリスクを避けるなどの対処も加味してFX教材を柔軟に使うべきであると存じます。

FX初心者に起こりがちな、「FX教材に書いてあったからきっとこうなるはずだ」という思い込みが最も危険で、チャートから読み取れるリスクなどに疑いを持って慎重にトレード戦略を検討したいところです。

こんな偉そうな事を言っておりますが、何度も痛い目に遭ってまいりましたのでできれば同じ失敗を避ける、転ばぬ先の杖としてお役立ていただければ幸いでございます。

Buchujpも来月は55歳、こんな歳で新築住宅という事情から、今まで以上に慎重にご一緒に相場を監視して参りたいと存じます。


【参考リンク】
トレンドラインPro2"前作『トレンドラインPro』ご提供から“7年”<br  トレンドの視覚化が『高精度』から『完全』へ
最新トレード環境『トレンドラインPro2』!! | GogoJungle”/>>

当サイト特典付きリンクでございます。購入者の方は、マイページの「利用する」>「おまけダウンロード」からおまけファイルを入手いただけます。
buchujpオリジナルインジケータ「BI_Entry」特典提供紐づけリンクでございます。pivot特殊表示インジケータ追加しました。

【参考】TLp2-str 通貨強弱インジケータはこちら
TLp2-str 通貨強弱"『トレンドラインPro2』補助<br潜在的な圧力(方向・強さ)を、
リアルタイムで計算・表示!! | GogoJungle”/>

関連記事


管理人のプロフィール



こんにちは、管理人のbuchujpです。
国際結婚の専業トレーダーbuchujp2009”~
【buchujpプロフィール100秒でまとめ】
 

 

⇒buchujp連絡・特典請求フォームはコチラ

Buchujpも使う人気手法






カテゴリー

buchujp使用中FX海外口座

buchujp動画で使用中の海外口座はコチラ


 

>>buchujpがXM口座を開設の様子動画レビュー